ちいろば旅倶楽部ツアー 日常生活 気になるニュース・話題

困ったときの江原さん頼み!?

2016/04/20

Pocket

おはようございます。

 

今日は雨ですね。

被災している方のことを思うと大丈夫かしらと思います。

 

私のブログに、熊本の地震と江原啓之さんで検索している人が多いです。

 

江原さんが今回の地震について

何をおっしゃているかを気にしてる人が多いみたい。

理由と原因が知りたいということでしょうか。

 

困ったときの神頼み → 困ったときの江原さん頼み

 

みたいな感じですね。

 

普段から江原さんの書籍を読んだり、江原さんのサポーターズ倶楽部に

入会して勉強してみてはいかがでしょうか。

 

するとどうすればいいかわかると思います。

何が原因で起こったのかを判断することができます。

 

こういうことが起こったときだけ、

江原さんが言っていることを調べる人が多いのかもしれませんね。

 

起こってしまったことにはどうしようもありません。

今は被災している人たちを助ける方法を考えて、

自分のできることをすること。

 

たとえこの地震が人工地震であろうとなかろうと、

起きたことには変わりありません。

 

すべての結果には、原因があります。

「因・縁・果」

 

ご自身で考えることが大切だと思います。

 

「熊本に地震が起こったのはなぜ?」という問いの中には、

自分のところは安全でよかったという差別感が見え隠れしているように思います。

今回の地震は九州ですが、結局は日本人全員のカルマの結果です。

 

 

私たち一人ひとりのたましいに、「カルマ」や「波長」があるように

地域や国、地球といった大きなレベルでも「カルマ」や「波長」があります。

 

日本に住む私たち全員の「カルマ」や「波長」の結果であり、

それだけ今の私たちのあり方を反省もしなければいけません。

 

地震は足下を揺るがされます。

 

これは、「足下をよく見つめなおしなさい」という意味でもあるそうです。

 

それは、私たちが足下(人間としての基本)を忘れ、

浮き足立っていることへの反省を促されているということでもあります。

 

日々の生活から自分の思考まで、自分のいけないところを

見直すことが大切ですね。私も見直します。

 

大きな理由であると私が思う「原発」。

これは警告ではないかと。神様からの罰だとかではありません。

 

こんなに大きな地震があってもまだ稼動している。

 

そんなことを続けていると、

さらに大きな地震につながる可能性もあります。

 

そこに原発を置くことを求めた人たちに責任がある。

もちろん反対した人たちもいる。

 

多くの民意を反映した結果、そこに原発がある。

そのカルマも存在している。

 

そこに原発があることでいろんな得をする人たちもいる。

そのおいしさを手放したくない。

 

原発ではなく、地球にも人の健康にも良い野菜を育てることなどに

置き換えることをしないで

手軽に楽にお金が入る方法を選んでしまった人たちがいる。

 

いずれにせよそこに原発はあるわけで、

何か問題があったときは、賛成であれ反対であれ、全員が責任を負うことになる。

それは最終的には、日本人全体で責任を負う。

 

気の毒なのは、原発を反対した人たちです。

反対の立場だった人たちを助けたいと思う。

 

郵便局から荷物を送る件ですが、

熊本には一時停止とかで、遅れてもいいのでと頼みましたが、

受け付けられませんということでした。

 

他に直接ご本人に届く方法を探しています。

本当に必要としているところに直接送りたいと思っています。

今までしてきた某団体の寄付などは、今後はやめることにしました。

 

被災している人たちのことは気になりますが、

それ以外の人たちは仕事をして経済をまわしていくことが大切です。

そうでないと、被災している人たちを助けることもできません。

 

何か楽しいことをいうと、「今、そんなことを言ってるときですか?」と

言ってくる人がいます。

 

言わなくて熊本の現状が変わるなら言わないでしょう。

でも変わらないでしょう?

 

私のブログにコメントを残しかけて途中でやめた人が何人かいるようです。

恐らく、許可制になってるから、自分のコメントが出ないと思って

やめた人が中にはいらっしゃるようです。

 

反論のメールであれば、どうぞあなたが行動で示してください。

 

それでいいのではありませんか?

神様にはすべて「動機」が見えています。

 

本当は、自分が不安でしょうがない。

それを、熊本の被災者の人たちに置き換えて

声をあげて言う人は小我だと私は思っています。

 

今大切なことは、被災者にとって重要な情報、

それを見守る私たちが何をするかという大切な情報を知ることです。

そして普段どおりの生活をすること。

 

当社のツアーは今週にありますが、ツアーを中止することはありません。

その分、みんなで祈りをしっかり捧げたいと思います。

 

「祈りなんていらない」という人がいますが、思いのこもった祈りの

パワーが集まったとき、それは絶大な力になります。

 

今週のツアーに集まるのは、全員メンバーズ会員さん。

ぜひよろしくお願いしますね。

 

ただし単に「地震がおきませんように」と願うだけの祈りはあまりにも表面的。

深い反省にもとづく祈りが必要なのだと江原先生はおっしゃっています。

 

幽体 → 感情的 → 小我

霊体 → 理性的 → 大我

 

いつも霊体レベルでものごとを見て、考えられる人になりたいと思います。

 

どんなに祈りを捧げても、起きてしまう災害はあります。

それはそれで受け容れるしかありません。

 

必要があっておきているのであって、そこに深い学びがあり、

今、私たちはその「学び」に直面しているということです。

 

江原先生が何をおっしゃっているかを気にする気持ちは全くわからないではないですが、

誰もが自分で考えて自分で行動する「自立と自律」が大切だと思います。

 

どんな意見であれ、感情的にぶちまけて物を言っているのは、小我につながる。

結局、自分がかわいいことを示している。

 

私はそのように思っています。

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。
Pocket

-ちいろば旅倶楽部ツアー, 日常生活, 気になるニュース・話題
-, , ,

おすすめ

1
年末伊勢&京都ツアー催行決定&京都ツアー行程、一部追加!

  こんにちは~。   年末伊勢&京都ツアーが催行決定となり ...