私の次の移住の候補地は?

Pocket

こんばんは~!

 

今日は、久しぶりの1日1食でした。

 

与論島では1日1食、1回も実現できず。

 

成功しそうだったのが、サーターアンダギーを買ってしまったため、

食べてしまいました。(爆)

 

それからあとも、食べてばっかり。

添加物はてんこもりだと思いますが、

やっぱり母の味が恋しかったというか、母の料理が食べたかったのだと思います。

 

母は父が死んでからは料理をほとんどしなくなったけど、

私とイトウさんのために、作ってくれました。

 

私と母が一緒に食事を作るとたいていケンカになるので、

どちらかが作るようにしていました。

 

イトウさんも、母が作る料理のほうがうれしそうでした。

私が作ると、野菜と穀物ばっかりだからだと思います。

 

河口湖はまだ雪に覆われていて、せっかく開始しようと思ったら

ジョギングは当分無理そうです。

 

雪に囲まれて体を動かさなくなると、

「イ~ッ!!」とイライラします。

 

イトウさんが河口湖に来てからの過去の手帳をチェックしてみました。

毎年1月の私はどんなだったかもわかる。

 

私はストレスを感じると、静岡県の田貫湖に行く。

そこで富士山と湖をぼ~と眺め、湖の周りを散策するのが好きです。

 

田貫湖へ行く回数が増えるということは、

私のストレスも増えていたから。

そして1月に多い。

 

寒くて雪に囲まれると行きにくくなる。

つい先日まで沖縄、与論島にいたばっかりだから

寒くて体が動かせないのが余計に辛い。

 

そんな私をイトウさんは扱うのが大変そうだ。

21日に明治神宮&セミナーがありますが、企画しておいて良かったと

ホッとしているところです。

 

先日のブログで、どこかよい移住先があれば教えてくださいと書きました。

 

すると、以下のような場所はどうですか?とメールをいただきました。

青梅・五日市・あきる野あたり

 

なるほどですね~。

田んぼも畑もできそうです。

それに、イトウさんのトレイルランニングの練習にもいい。

 

東京にももう少し近くなる。

富士山も見える。

 

いちど、物件を見に行ってこようかと思います。

 

青梅市の標高を見てみると、平均して250~350メートルぐらい。

河口湖の860メートルに比べると半分もない。

 

標高の高いところで田んぼをすると稲の成長が遅いので、

こんど移住するときはもう少し標高の低いところがいいなと

思っています。畑も同じなのかもしれません。

 

これから住むとすれば、標高1000メートル以上のところに

住むべきであるという内容の本を見たことがある。

 

天変地異が起こって日本が沈んでしまったときに残るのは、

標高1000メートル以上のところだそうな。

 

このあたりで1000メートル以上といえば、鳴沢村や山中湖。

河口湖よりももっと寒い・・・。

 

こう考えると、日本の東北の人たちやロシアの人たちなど

豪雪地帯に住んでいる人たちは本当に大変だと思います・・・。

 

雪や氷を見るのは昔から苦手。(氷を食べるのは別・笑)

 

私のたましいの歴史からきているのかもしれません。

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。
Pocket

-未分類
-,