お知らせ・ご連絡 ちいろば旅倶楽部ツアー 日常生活 聖地巡礼

3つの玉前神社を参拝する日帰りツアーをもうすぐ募集開始

Pocket

 

東国三社ツアーの前日に、

5月28日の玉前神社ツアーの下見に行ってきました。

 

千葉県にある玉前神社は、スピリチュアリストの江原啓之さんが

『今、いくべき聖地』の書籍の中でご紹介する聖地の一つです。

 

今回は、その聖地へ行くツアーを日帰りで企画しました。

 

玉前神社は上総国の一ノ宮。

駅からも徒歩7分ほどで参拝に行くことのできる聖地です。

 

今回は、その玉前神社を基点として、

ご祭神であるタマヨリヒメノミコト、そして姉のトヨタマヒメノミコトを

お参りする日帰りのツアーで、3つの「たまさき」神社を参拝します。

 

玉前神社の元宮にも行きますよ!

 

江原啓之さんの今年のキーワードは「女性」が鍵を握るとおっしゃっています。

 

なぜ女性は女性として生まれてきたのか?というと、

「母性」を学ぶためと言われています。

 

男性として生まれてくるよりも、女性として生まれるほうが、

よりたましいの向上をめざして生きているといえるのだそうです。

 

玉前神社は、そんな女性の一生を守護してくれる、崇高なご神徳を宿した場所。

 

現代の女性は私も含めて、本当に「強く」なったといえるかどうか?

 

主張ばかりが強くなって義務を果たさない女性が増えている結果が、

今の世の中になっていると反省いたします。

 

 

人のために心を捧げ、人のために生きていく。

そんな生き方があっていいのでは?

誰もが目先の利益にとらわれ、

損得ばかりを考える現代に、

人に尽くすことの美しさを、再認識してほしい。

『今、いくべき聖地』 江原啓之著 マガジンハウスより

 

人を大切にしない人は、その人自身も大切にされませんね。

愛を欲する人は、その人自身も愛を誰にもあげようとしない。

 

人に尽くすといっても、感情の涙目で判断することは間違いの元。

 

今、目の前にいる人に全身全霊を傾けられるかどうか?

 

言葉ではこうしてすらすら書けても、

自分がやってるか?って言ったらほとんどやってません。(笑)

 

自分よりも相手のことを考える人は本当の「愛」の人だし、

そういう人に会うとすぐにわかるものですね。

 

そういう人に私もなりたいと願っています。

 

そういう人こそ、「母性のかたまり」のような人。

会うと強烈なほどの愛が感じられる人。

たまにいらっしゃいます。

 

一人の女性として神々のご守護を受けながらたましいを成長させたいと願う方、

一ノ宮の神社参拝をしている方にもおすすめです。

 

玉前神社は電車で比較的行きやすいところですが、

その他のところは車がないと不便な場所にあるため、

ツアーでは貸し切りバスを使って参拝します。

 

男女に関わらず、私たちは皆、女性から生まれます。

 

人のために心を捧げ、人のために生きていきたいと願う方に

ご参加いただきたいツアーです。

 

ランチは、有名な料理研究家の「中島デコさん」の

ブラウンズフィールドでお食事をします。

もちろん、素材はオーガニック。

 

私とイトウもいただいてきました。

体が浄化されるような、おいしいお食事でした。

デザートもおいしかったです!

 

ブラウンズフィールドさんには、

若い人たちが自給自足にちかい形で生活をしている様子も見られます。

 

それにヤギさんがいたり、のんびりするにもとてもおすすめの場所。

ブラウンズフィールドに行って、「原点に返る」ことの大切さを思いました。

 

私がおすすめしているアサクラさんのオリーブオイルなども

売っていますから、素材のいいものを買うお買い物も楽しめますよ~。

 

ツアーができましたらお知らせいたします。

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。
Pocket

-お知らせ・ご連絡, ちいろば旅倶楽部ツアー, 日常生活, 聖地巡礼
-, , , , , , , , ,