日常生活

まずは身近な人たちへの愛の実践

Pocket

 

おはようございます!

 

今日はこれからジョギングにでかけます。

今度の日曜日は、西湖ロードレースです。

 

与論島でがんばって練習したあと、

河口湖で走ったのは、たったの1キロです。(爆)

 

与論島だったらすごく走る気持ちになるのに、

河口湖ではそうならない・・・。

その理由は気温だったり、標高差かもしれませんね。

 

それでも出場しようと思います。

知っている河口湖町の役場の人とか会うかもしれませんが、

恥ずかしい状況でも、がんばるだけがんばればいいか、と思っています。

 

しかし天気予報では雨・・・。

ずっと雨が降らない河口湖。

なんでレースの日にかぎって雨の予報なのでしょう・・・。(涙)

 

昨日は午後から出かけました。

サラームの平田友恵さんのご紹介で、

普段は東京に住んでいる方で、河口湖に家を持っている方にお会いしました。

 

その方は、有名な某雑誌の元編集長さんでした。

そんな有名な雑誌の元編集長さんとは思えないぐらい、

とても気さくな方でした。

 

ご自宅を見せてもらい、奥様ともお目にかかり、

7月にそのご自宅で行われるパーティーにも

参加させてもらうことになりました。

 

友恵さんはアイデアの人だし、与える人。

 

私とイトウはひっそりと河口湖に住んでいるぐらいで、

特に何にも貢献していない。

 

友恵さんから誘われて、

今後はもう少し役場がやっている

会合などに参加することになりました。

 

いけませんね~、私。いつも自分のことばっかりで。(爆)

もっと貢献や奉仕の必要性を言っておきながら、

結局、自分のことしかしていなかった。

 

友恵さんの活動を見ていて、

本当にすごい人だなと思います。

私にとって友人であり、姉のような存在。

 

まさに、「つなげる人」「与える人」

そういう人だから、

いろんなギフトが友恵さんにあるんだな~とわかります。

 

先日の一人暮らしの87.5歳のOさんのことをブログで伝えましたが、

夕食を一緒にした際、何度も同じ言葉をおっしゃってました。

 

「こんなに楽しい思いをしたことがない!」

そんな言葉を何度も何度も繰り返しお話されていた。

 

私とイトウは話を聴いているだけなのですが、

それでも誰かを幸せな気持ちにすることは

私たちにとっても幸せなんだなと思いました。

 

私はスピリチュアリズムの知識ばかりで、

人を幸せにする実践がもっと必要だとわかりました。(笑)

 

まずは身近な人への愛の実践。

 

先日のブログでご紹介したアルバム法。

アルバムにはイトウさんへの愛がいっぱいでした。

 

そしてイトウさんの義母の出産の日記、

義父が亡くなるときの日記にも、

イトウさんへの「愛」があふれるほど書かれていました。

 

そんな、たくさん愛された人を

雑に扱ってはいけないと改めて反省。

 

昨日、江原先生のかつてのTV出演の番組を見ていました。

ご夫婦の間が冷たくなってきて、会話がないという女性に

江原先生が伝えている。

 

「ちゃんと気持ちを伝えてますか?寂しいってご主人に言ってください」

 

気持ちをちゃんと言葉にして伝えることは

本当に大切なことだと思います。

 

我が家の場合、私がイトウさんに感謝を言葉にすると、

イトウさんは照れて、ちいろば君とうなずきあって話をします。(爆)

 

なるべく言葉にして愛を実践することが大切だと改めて思いました。

まずは、身近な人たちから。

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。
Pocket

-日常生活
-, , , , , ,