ちいろば旅倶楽部ツアー 日常生活

山へ行く前の体行と霊行

Pocket

 

 

こんばんは。

 

富士山登拝ツアーが無事に終わりました。

 

ブログをお休みしておりましてすみませんでした。

 

登拝ツアーに参加くださったみなさま、ありがとうございました。

 

とても明るくて素敵な皆さんとご一緒できて楽しかったです。

 

そして我が家に泊まっていただき、

いろんなお話ができたことも大変収穫になりました。

 

ご自宅に到着したというご連絡もいただいています。

お盆の始まりで車での移動も大変な中、

そして富士山に登拝してお体お疲れの中、ご無事でよかったです。

 

今もまだご自宅に到着していない方もいらっしゃると思います。

無事でご自宅に到着されますようお祈りいたします。

 

今回の富士山登拝ツアーは、

私とイトウにとって再考すべき反省の多いツアーとなりました。

 

イトウとも今日は話し合いをしました。

 

当社のツアーは「登拝」が目的であって、

正確には登山ツアーではありません。

 

登山ツアーであれば、

一般の旅行会社さんに参加するのが一番です。

 

こうしたツアーには専門の山のガイドさんがおられ、

ゆっくり歩く人に合わせてくれますから、

ゆっくり富士山を上るツアーをご希望の場合は、

一般の旅行会社さんで申し込むことをおすすめすることにしました。

 

最近は参加する人に優しい

2泊3日以上の日程で富士山に登るツアーが主流なのではないかと

思っております。

 

その点、当社のツアーは日帰りという結構厳しい内容の

ツアーですから、それなりの体力が前提となっています。

 

事前の説明がもっと必要だったり、

持っていく荷物の詳細、

携帯、スマホでの連絡方法

頂上まで無理だと思う人には下山することを伝えるなどなど、

今、反省点を振り返っているところです。

 

ちいろばの登拝ツアーは、基本は皆さん一緒に歩きます。

 

ただ、富士山に関しては違いました。

 

過去の富士山登拝ツアーでは、

上りは2つの班に別れ(普段からよく歩く人とゆっくり歩くなどの初心者向け)

下りはバラバラで自分のペースで歩くというもの。

 

富士山の場合、同じ方向にみんなが歩いているので、

上から他の皆さんが来ているかどうかが大体チェックできます。

 

ちいろばのツアーだから、ということで

ご参加くださった皆様には大変感謝しております。

 

今回のツアーを行ってみて思ったのは、

当社ではなく、他社の富士山ツアーに参加したほうが

この会員さんには良かったのかなと思うところがあったことです。

 

もちろん、当社のツアーに参加していただきたいし、

参加してくだされば本当はすごくうれしいのですが、

会員さんの体や安全のことを考えれば、

他社のツアーをおすすめするべきだったと。

 

当社はお伝えしている通り、

イトウは専門の山のガイドではありません。

 

そのため、富士山登拝ツアーは「同行」というかたちで

とらせていただいています。

そしてツアー料金も普段よりもリーズナブルに設定しています。

 

 

今後も富士山登拝ツアーを行う場合は、

イトウの組(オハチ巡りコース)と

榎本の組(奥宮コース)と分かれて、ツアーをするかどうかを考えています。

 

また、富士山登拝だけにする場合は、

富士山内での宿泊を足す可能性があります。

 

宿泊がない場合は、ある程度歩ける人(歩いた山の名前や登山の大体の回数をお聞きするなど)、

過去にちいろばのツアーで一緒に歩いたことのある人を条件とする場合があります。

 

今回のツアーでは事前に練習のために

登山していただくことをお願いしていましたが、

していない人もいらっしゃいました。

 

今後は、そのあたりをもう少し厳格化し、

事前に登山をしていない場合は、参加をお断りする場合があります。

参加する会員さんに安全に登拝していただくためです。

 

富士山は日本で一番高い山です。

登る前にはそれなりの心がまえと体の準備が必要です。

 

登拝に何を持っていくのか?かばんに何を入れていくか?も大切ですが、

ひふみ先生式に言うならば、「体行」と「霊行」が必要です。

 

普段から運動をしたり、山を歩いたりするなどして

準備がそれなりに必要です。

 

今回、目的を達成することができなかった方は

次回に登られるときのために、

心と体の準備も忘れずにしてくださいませ。

 

「その時間がない」という場合は・・・、

専門の山のガイドさんのところに参加されることを強くおすすめします。

残念ながら、当社は不向きです・・・。

 

今後ツアーを募集する場合は、そのあたりを強調して、

募集をしていきたいと思います。

 

ハワイ島ツアーでは、マウナケアの頂上4200メートルの

ところへ行く予定になっています。

 

ツアー参加者の皆さんには、なるべく高い山に行っていただき、

体を慣れさせるようにお願いしています。

 

住んでいる地域によってはどうして無理なこともありますので、

その場合は、ご自身でできることをお願いしています。

 

私が何度もくどく、ツアーお申込みの皆さんに山に行くように言っているのは、

先達の菅原真樹さんが同じくおっしゃっていたこともありますし、

何よりも、参加者の皆さん自身の安全のためであります。

 

最初から、「私は高いところ無理だから車で待ってる」

ではなく、練習などやることをやって(実践して)から、

無理だからあきらめる、と言っていただきたいのです。

 

準備をした人とそうでない人は、目には見えない差があるでしょう。

神さまはどんなこともお見通しです。

 

ツアーはグループで団体行動が基本です。

他の人たちと協調し、調和することが大切です。

自分の都合だけで考えないことが大切です。

 

神様の息吹が感じられる富士山そしてマウナケアも、

体行と霊行が必要だと私は思っています。

 

今までにも、山を歩くのにかなり苦労されている方に

「事前に山を登って練習しましたか?」と聞くと、

「・・・」というケースが多いです。

 

もちろん、練習したからすべてうまく楽にいくことはありません。

でも、なんとかやり遂げる人が多い。

 

がんばって練習したのに

当日になって体調を崩して頂上までいけなかったとしても、

がっかりすることはない。次にまたチャレンジすればいい。

 

実践した、行動したという実績や努力は必ず目には見えない

預金通帳に「努力の徳」として積まれていると思う。

 

これまで登拝ツアーをしてきた当社としては、

体の行とたましいの行の両方ともを

実践することが大切と、いろんな人のケースを見て思っています。

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。
Pocket

-ちいろば旅倶楽部ツアー, 日常生活

おすすめ

1
心の準備ができてご縁のつながり~出雲大社の神在祭~

  みなさま、こんにちは。   だんだん現実に引き戻される榎 ...

2
私の断捨離再びそして出雲大社の神在祭

おはようございます!   今日も雨が降りそうで降らないお天気の河口湖で ...