記事一覧

ツアーを振り返った今も改めて参加して良かったと感じています。【神奈川県 Kさん】

ファイル 415-1.jpg

榎本様、伊東様

お礼が大変遅くなりました。
改めまして、出羽三山ツアーでは、大変お世話になりましてありがとうございました。

三日日に渡り、雨模様のツアーとなりましたが、羽黒山、月山、湯殿山への登拝と山伏修行体験。私にとっては、とても意義のある良い体験になりました。
ひとつには、友人のこと、二つ目には、山伏修行があります。

実は、闘病中だった職場の友人がおりまして、彼女のお守りの神様が月読命様だったので、月山でお守りを入手して届けるつもりでいたのです。

しかし出発の数日前に急変し残念ながら亡くなってしまいました。お詣り中は彼女のことを想いながら、月山で安らかに眠れるよう、湯殿山では来世でも素敵な時を過ごせるようお祈りしていました。
月山は真っ白でしたが、きっと神様はお願いをきいてくださっていると思います。

また最後に参拝した湯殿山神社で感じた感覚はとても不思議で、適切な表現が見つかりませんが、ほんの一瞬神様の一部に触れたような感覚さえも覚えました。

次回参拝する機会がありました月山から湯殿山まで歩いてみたいと思います。


山伏の修行体験が印象的でした。

星野様とお会いし、白装束を身に纏っての登拝はこれまでに無く、神聖でかつ新鮮な経験ができました。山伏修行もいつか参加したいと思っています。

未だに、「あやに、あやに」で始まる三山海拝詞が頭の中で繰り返されることがあります。素直に神様を拝む姿勢が腑に落ちたような気がしています。

最後に、昨年の出雲ツアーよりいくつか参加させていただいておりますが、私はツアーの訪問先や行程はもとより、榎本さんや伊東さんにお会いするのが楽しみでなりません。

初回にも感じましたが初めての参加なのにもかかわらず、まるで長らく参加してきたメンバーのように気さくに迎え入れてくださり、ツアーでお会いする皆様方とも、すぐに打ち解けることができました。今回も、朝方からお部屋へお邪魔してのおしゃべりがものすごく楽しかったです。

出羽三山へのお詣りに加え、このような楽しい時間までも皆様と共有することができて、ツアーを振り返った今も改めて参加して良かったと感じています。本当にありがとうございました。

参加出来てよかったです、とても良い時間を過ごせました。【福島県 Kさん】

ファイル 412-1.jpg

榎本様、伊東様

今回の出羽三山ツアーでお世話になりありがとうございました。

動機付けでは日程的に参加出来る事もありましたが羽黒山、月山へは白装束を身につけて歩くのは興味深く印象に残り参加しました。とはいえ直前まで迷って参加しなきゃならないような気分が半分、勢いが半分でしたが。

ツアー前の南岳寺拝観に参加させて頂きましたが長南年恵さんの霊堂(淡島大明神)ではテレビで以前に放映されていた事を後から思い出しました。
鉄竜海上人(即身仏)拝観してから御堂を見て廻り南岳寺が真言宗智山派と知りました。

出羽三山ツアー初日は白装束を着て羽黒山に登り頂上の神社での座禅のあと悲惨な事に(--;)腰が痛くなってたりして。
翌日は残留となり月山には登れなかったのは残念でしたが宿泊先に早めに着き暇なので散歩したけど眺めも最高で良い時間を過ごせた。後で聞いたら山頂は暴風雨でとても荒れたらしく、なるほど行くなって事だったのだろうと考えときましたー。次の機会に登ってみたいです。

最終日に参拝した湯殿山でお祓い所の祈祷を受ける頃から腰が楽になり、ひとがた(人の形をした紙)に穢れをうつして水の中へと流してからは腰の痛みはなくなっていました。湯殿山神社では、驚きより関心しました。ここでは先祖供養の祈りが出来たのでホッとしました。参拝後におみくじ引いたら書いてあることが凄く良くてびっくり。帰りのバスに乗り道の駅に着く頃また腰が痛くなり穢れがまだまだ強いなーって反省。

解散して地元についてやっと車にのって帰り道のコンビニで疲れたーて休んでたら腰の痛みが消えました、左に首を倒したらコキッっっ。お帰り、て土地神様がくれたご褒美かなぁ。そう想いたい、でも少しは痛いけど。

今回のツアーで気になっていることを話して下さいとあり話すこと出来なかったですが、積極的に多くの人との関わりをもつ事や感謝の気持ちを持つ事の大切さとそれを実践して行くために努力する必要性などを教えられたと思いました。怪我の事などとても心配してくださり三日間とも先々で救いの手を差し伸べて頂いたSさん、とても親切なメンバーの方たちと有意義な時間を過ごせてよかったです。ありがとうございました。

日本人の奥深さを教わりました。【神奈川県 Tさん】

ファイル 414-1.jpg

出羽三山では本当にお世話になりました、ありがとうございます。

山形駅から自宅へ帰って晩御飯のカレーを食べたら猛烈な吐き気に襲われました(毎週食べていた定番メニューなのに)。
三日間の滞在でも感覚が鋭くなっていてお山の力と榎本さんが言っていた食べ物の大切さ添加物の怖さを身をもって体験しました。

星野さんはじめ山伏の方々は本当に凄いです、山は自然を楽しむ以外にとても大きな意味があったんですね。

旅を通じて修験道・日本人の奥深さを教わりました。


来月の明治神宮の旅ですが、日本の歴史はとても奥深いんだなと気になりましたので参加させてください。

久し振りのちいろばツアーでしたが、相変わらずの和気藹々でしたね。【東京都 Kさん】

ファイル 416-1.jpg

ちいろば企画
榎本様、伊東様

お礼が大変遅くなり、申し訳ありません。

出羽三山ツアーでは、大変お世話になりました。
今回は雨模様のツアーでしたが、これはこれで大変貴重な体験だったと思います。
吹き荒ぶ風の月山なんて、今では笑って話せますしね。
でも、晴れ渡った出羽三山も是非見てみたいので、また機会があれば訪れてみようと思っています。

今回は「何年ぶり?」というくらい久し振りのちいろばツアーでしたが、相変わらずの和気藹々でしたね。
ご一緒した皆様にも感謝します。ありがとうございました。

トレッキングシューズは、今回でかなりヘタったので(笑)今度は一万円以上の、それなりのモノを購入します。
やっぱり登山もいいなぁなんて思い始めたので、少しずつ揃えてみようかと。

またちいろばさんのツアーに参加した際は、どうぞよろしくお願いいたします。
今回は本当にありがとうございました。

私にとってとても意味のあるツアーでした。【埼玉県 Kさん】

ファイル 413-1.jpg

今回のツアーは、私にとってとても意味のあるツアーでした。

特に、湯殿山神社のご神体はみているだけで心がざわついて涙が出てきました。以前、目にしているはずなのに、印象はぜんぜんちがいました。

先祖供養では、父に私の思いを伝えてきました。


星野さんの講話で言っていた体からの言葉は、潜在意識の言葉ではないかと思って聞いていました。
私は、星野さんの言う体からの言葉を聞けるように内観を続けていこうとおもいます。

修行もありなのかな?と少し思いましたが、今までは自分に必要な事が何なのかあまり気にしないで何にでもとびついていましたが、耳にした事にすぐ飛びつくのではなく、取捨選択していこうと思います。

焦る自分もいるのですが、ゆっくり時間をかけて後悔しないようにしようと思います。


田んぼも是非お手伝いさせてください。

やはり行くべくして行ったツアーだったのかなと思います。【東京都 Sさん】

ファイル 77-1.jpg

ちいろば企画
榎本様、伊東様

今回も出羽三山ツアーでお世話になりありがとうございました。

出羽三山の知識もほとんどないのになぜか行かなきゃと思い参加しました。

白装束を着て羽黒山神社、月山神社を歩くということだけでも普通では体験できないのですが、法螺貝、おたち、うけたもう。。は更に貴重な体験でした。
地下足袋で歩くのはなかなか大変でしたが不思議と歩くごとに
馴染んでいくような感じがしました。

羽黒山でも月山でもあれだけの人数の白装束はやはり目立ちましたね
かなり写真を撮られたし、注目を浴びた気がします。

今回のツアーで東日本鎮魂復興祈願とご先祖供養祈願を各所で出来たことにも来た意味を感じました。
やはり行くべくして行ったツアーだったのかなと思います。

ツアーでご一緒したみなさまにもお世話になりました。ありがとうございます。

今は帰りに買った「ふうき豆」を堪能しております。

ツアー中は別世界に行っていたようです。【神奈川県 Nさん】

ファイル 75-1.jpg

ちいろば企画 榎本様、伊東様

こんにちわ。
出羽三山ツアー”でも”お世話になりました。

なぜ私はこのツアーに参加したのか、
湯殿山神社についたら腑に落ちました。
ご先祖供養だったのだと思います。
自分が生まれ変わるためのつもりでの参加でしたが違っていたようです(苦笑)


ギリギリまでこのツアーの申込に悩みましたが、
帰ってきて改めて、参加させてもらってよかったと思います。

酒田の即身仏に始まり、2日間の山伏体験、最後には湯殿山神社でのお参り。
浄化につぐ浄化!!(※ツアー中の山の幸で体の中も浄化されたみたいです)
ちょっとおかしな表現ですが、このツアー中は別世界に行っていたようです。

出羽三山神社では、参道の杉並木に足を踏み入れたとたん、空気が全く変わってびっくり!
苦労して登った月山神社ですが、トレッキングでの登頂とは意味が違っていたのだと、
降りてきてから実感しています。
そして、最後にひっそりと山に抱かれた湯殿山神社。
最後にお参りしたことで、これまでの登頂や参拝の意味がわかったような気がしました。

事前の天気予報とはウラハラな快晴っぷりは
迎えられている感じがして、嬉しかったです。

山形駅に到着したときには、「つい、下界(?)に降りてきた」と、
思わずにはいられませんでした。

とてもいい体験をさせていただきました。
ありがとうございました。

一生の宝のような思い出となりました。【神奈川県 Kさん】

ファイル 78-1.jpg

 ちいろば企画
 榎本様 伊東様

今回も大変お世話になりましてありがとうございました。
旅行の直前まで体力的なこと気力的なことで皆様にご迷惑
おかけするのではないかと悩みぬいて家を出ました。

鶴岡で皆様と合流して かつてご一緒した方々と再会できた
喜びで不安はとりあえず和らぎました。
大聖坊さんに到着して まず奥様のお気配りに感動しました。
そして 完璧に山伏オ-ラですがすがしい星野さまにお会いできたこと
2日間その時はつらかったかもしれませんが、出羽三山の神様に星野さまに導かれ ご一緒させていただいたみなさまからパワ-をいただき無事に拝登させていただいたことに感謝でいっぱいです。
一生の宝のような思い出となりました。

震災の復興と亡くなられた方々への慰霊の祈りが神様に届きますように

貴重な体験をありがとう!!【東京都 Oさん】

ファイル 79-1.jpg

こんにちは。

今回のツアーは他の旅行会社では出来ないちいろば旅倶楽部ならではの貴重な体験でした。

最初は都会の生活で運動もしてない体力で大丈夫??かなと思っていました。修験体験の白装束で歩いた羽黒山と月山は筋肉痛になりながらも最後まで皆と一緒にに登拝できたのは自分でも驚きです。

やはり見えない何かの後押しと白装束のせいか穢れが払われて?いたのか金剛棒にも助けら楽しい修験の旅でした。


又、自分のこと意外に東日本大震災の被害にあわれた方への祈りと一日も早い復興祈願が出来た事もとても素晴らしいと思いました。

これからも他にない、ちいろば旅ならではのツアーを楽しみにしています。

榎本さん、伊東さん、一緒に過ごしたすばらしい会員さん本当にありがとうございました。感謝です。

心の底から祈ることができました。【東京都 Wさん】

ファイル 74-1.jpg

榎本様、伊東様

出羽三山ツアーではお世話になりました。

旅行コーディネイトお疲れ様でした。
一週間たった今も、思い出ギャラリーを眺めつつ、余韻に浸っております。

沖縄ツアーに参加して以来、なかなか参加できませんでしたが、今回の企画を見た瞬間、これは行ける!と確信し参加が可能となりました。
当面の仕事も前日にメドもつきました。
ずっと予報は雨だったため、登山への不安はありましたが、3日間素晴らしい天候となり、改めて出羽三山に受け入れられていただいたのかなと実感しました。
無事に登山・参拝・下山できたことに感謝しています。

私には、霊感どころかカンも悪く、なかなか感じ取ることが苦手なところがあります。

このままでは、単なる観光旅行の延長になってしまうかもな、と思っていました。
けれど、最終日になり、自分がこれまでなおざりにしてきた、とあるコトに深く触れることができ、そのことへの贖罪を強く感じ、心の底から祈ることができました。
その瞬間、涙があふれ出て止めることができなくなってしまいました。
それで許されたと単純に思うことはできませんが、改めて本気の心で祈る大切さとそれに応えてくれる力を少し感じることができたように思います。

これは、あくまで自分の心の中に生じた変化であり、霊感が備わったといったような類ではありません。
みなさんがおっしゃっていた、「出羽三山に呼ばれた」ということを素直に受け入れられた、ということなのでしょう。

白装束に身をまとい、純粋に参拝重視のツアーなんて、ちいろば企画でしか体験できないすごいことだと思っています。
登山を伴うようなツアーは、参加者の体力や天候など難しい点があることもわかります。

また、機会がありましたら、榎本さんの企画に参加したいと思います。
本当にありがとうございました。

語るなかれの意味がわかった気がしました。【千葉県 Oさん】

ファイル 80-1.jpg

榎本様

出羽三山お世話になりました。

印象深い旅で、行って良かったと思いました。皆さんも素直な方ばかりで楽しく過ごせました。
1日目の石階段はしんどかったけど、なんとか登れました。
2日目は気遅れすることなくスムーズに皆さんにあわせて歩くことができました。
3日目は語るなかれの意味がわかった気がしました。1度は行くべきと思いましたね。


私たちを撮りまくるカメラ愛好家がいて、内心ムフフ。痛快でした。
やはり、行くのと行かないのとでは、実感も雰囲気も全然違うし、最低1度は参拝すべきだと思った。
皆さん、2回目も参加したいかと聞いたら、そろえて首を振った。

旅から帰ってからの仕事が注文の山で忙しかったので、返事が遅れてしまい、すみませんでした。

いろいろありがとうございます。行って良かったです。
みなさん、明るく積極的でした。懐かしい顔ぶれもあり、和気あいあいでした。
またの機会があったら、参加したいです。

出羽三山生まれ変わりの旅  受けたもう~!!【千葉県 Hさん】

ファイル 76-1.jpg

オプショナルツアーを含めて4日間大変お世話になりました。ありがとうございました。印象深い4日間の内容について述べたいと思います。

初日は新潟新幹線、いなほ3号を乗り継いで酒田駅へ。ツアーメンバーのNさんと駅でお会いし、バスで山居倉庫まで行き、昼食を取ることにしました。宿泊予定のホテルが駅側だと私は思っていた(思い込んでいた)のですが、Nさんがホテルの場所とそこまでのバス(1時間に1本程度しかない)とバス停をインターネットで調べておられたので、大変助かった次第です。いつもはそんなチョンボをしないのですが・・・・、深~く反省、でした。

14:30からオプショナルツアー開始。海向寺で即身仏2体にご参拝。ご尊顔を拝しました。海向寺近くのNKエージェント(映画「おくりびと」の撮影現場です)を見学。映画のシーンを思い出しながら見学しました。もう覚えていないシーンもありましたが笑)。次に山居倉庫見学。ガイドさんに色々案内をしてもらいましたが、北海道江差の出身の方とのことでした。ガイドさんによると山居倉庫にはよく専門家の方が見学に来られ、案内板の内容について色々とご指導を頂いているとのことでした。大変ですね。夕食はホテルのバイキング。ツアーメンバーの方(I氏)とちいろば企画さんからヨーグルト酒が振舞われました。ありがとうございました。楽しい懇親会でした。

二日目はゆっくりと起きて朝食バイキング。電車で鶴岡駅へ。昼食を買ってからバスで羽黒町へ移動。大聖坊に着き昼食。星野先達にお会いし、まずは「秋の峰入り」の行列を見学。これから1週間頑張ってください、とお見送りしました。そして我々の着替えの時間。星野先達から一つ一つ「白装束」の着方を教えて頂きました。難しいなと思いながらも、キーポイントは抑えました。白装束=死装束でもあることから、本日・明日の羽黒山・月山参拝を思い、気を引き締めました。いよいよ星野先達を先頭に行列を作り羽黒山神社へ。神社入口となる鳥居でいきなりカメラの放列を浴びました。白装束の一団という以外に、我がちいろばのツアーメンバーは殆んどが女性なので、美女(+若干の野獣)の白装束軍団というイメージでしょうか(笑)。行く先々で先達の星野さんの物凄いオーラと美女白装束軍団は注目の的になっておりました。星野先達が吹く「ほら貝」、それに女性(もちろん美女)のHさんが「お立ち~」と応え、それに「受けたもう~」と我々が応える。二日間、これの連続でした。
楽しかった~!!。三神合祭殿(出羽神社、月山神社、湯殿山神社)での正式参拝。
宮内庁管轄の蜂子皇子の陵墓参拝、そして蜂子神社参拝。何度も星野先達が祝詞を挙げ禊祓をして下さいました。御朱印は見開き2頁を使った大きなもので、初めてだったのでビックリしました。大聖坊の夕食(朝食も)は精進料理で、肉魚は一切出ませんが、美味しい食事を頂けました。ビールも頂き、そして星野先達から朱塗りの大杯(直径1m程度?)で日本酒を頂きました。お猪口で飲むのとは違う、と言われましたが、確かに大杯で飲むお酒は美味しかった~。車座になって食事をしておりましたが、星野先達が何度もツアーメンバーにお酒を注いで廻って下さり、大変恐縮した次第です。食後は星野先達からの講義。神棚(神部屋?)から本物を取り出して、色々とご説明していただきました。事前にインターネットで調べていたことや、千葉県立博物館での出羽三山特集に出かけて勉強していたことから、内容がよく理解できたと同時に、本物を見ることが出来、大変感激しました。

三日目は朝5時に起き白装束に着替えての護摩焚きの御行。ツアーの安全、ツアーメンバーの家内安全と身体堅固、東日本大震災の供養と復興祈願などの祈祷をされました。そして月山八合目へ。心配されていた雨は無く晴天となり、ピンポイントの月山登山日和だったようです。羽黒山では石段でペースが取れなかったり、急な坂が3箇所もあったりして、短時間だったにも拘らず、ものすごい汗を掻いてしまいましたが、昼食も入れて約6時間強の登山ではそれ程の汗にならず、気持ちの良い登山となりました。頂上の月山神社でお祓いをしてもらい参拝。おみくじを引き、御朱印を頂きました。ここでも見開き2頁の御朱印でした。おみくじは要約すると「欲張るな」ということでした。ハイ、頑張ります(笑)。下りは少し大変でした。勾配が少し急だったことと、小石が一杯あり少し滑るような感じだったからです。自然の足裏マッサージを受けているようなもので、痛いのを我慢しながらの下山でした(笑)。言い忘れましたが白装束には白い地下足袋ですから、薄いゴム底を通して心地良い(?)石の硬さを感じることができます。下山1時間強でリフト乗り場に到着し、そこからは一気に(約15分)駐車場までリフトで移動です。これが眠たかった~。温か~い日差しに6時間の疲れがどっと出た感じですね。ペアリフトに一人乗りという寂しさは有りましたが・・・・(笑)。宿泊先のポレポレハウスでは夕食のバーベキューを楽しみました。ビールを飲みましたが、最後に星野先達から差し入れされた昨日と同じ日本酒を飲ませてもらいました。確かに大杯とは味が違うような気がしました。

最終日は湯殿山。語る無かれ、聞く無かれ、の湯殿山です。既に二日目に星野先達から写真を見せて頂いておりましたが、本物はスケールが大きく、行ってよかったと思いました。ここの御朱印も見開き2頁でした。羽黒山・月山では摂社・末社をお参りする時間がありませんでしたが、湯殿山では上流の瀧(伊東さんが発見)を参拝したり、専用バスで登った道を歩いて帰りながら、何箇所かを参拝させてもらいました。
大鳥居にある売店で芭蕉の句、「語られぬ 湯殿にぬれる 袂(たもと)かな」、が書かれた九谷焼の茶碗をお土産に買いました。

4日間、長いようでいて短い4日間でした。ツアーメンバーにも恵まれ、大変お世話になりました。Nさん、Kさん、他の皆さんありがとう。天候にも恵まれました(普段の精進の賜物かな?)。本物の山伏さんともお話しが出来ました。

「擬死体験」と「生まれ変わり」をしっかりと体験した、ちいろば「なんちゃって修験道」の修行でした。

今回の「おまけ」は、大杯で飲む日本酒の美味しさ体験と、榎本さんが酒田の観光関係者にご協力しているようで、その関係者がNKエージェントと山居倉庫に来て下さり、説明などをして頂いた事でしょうか。それとポレポレハウスさんが温泉に連れて行ってくれたのですが、交渉して料金を300円程負けてもらいました(助かる
~)。

以上です。ありがとうございました。

ページ移動

  • 前のページ
  • 次のページ