記事一覧

参加者の皆さんも楽しい方々ばかりで充実の楽しい旅でした。【埼玉県 Yさん】

ファイル 578-1.jpg

ちいろば企画 榎本様・伊東様

お疲れ様です。無事帰りました。ぎりぎりまで参加申し込み迷いましたが、一言でいうと行って本当に良かったです。

参加の理由が、丸一年前に、京都御所西にある和気清麻呂公がご祭神の護王神社にたまたま参拝し、初めて道鏡事件を知り興味を持ったこと。

八幡宮を調べていたら、実家から遠くない所にある、大宝八幡宮が宇佐神宮から勧請した関東で最古の八幡宮だったこと。身近に八幡宮が多いこと。

それとツアーには無関係かもしれませんが、榎本さんがマヤ暦を始めたことでした。
私も今年知ったので、シンクロを感じて。なんてこじつけかもしれませんが。

初めての大分・宇佐神宮は朱色が麗しく、高台にあるせいかすがすがしく広大で、伊勢神宮に次ぐお社の意味がよくわかりました。晴天のせいもあって御殿が輝いてました。

急な石段の先にある、ひっそりとたたずんでいる大元神社、和気清麻呂公の護王神社にも参拝でき感謝を伝えられてひとつ目的を果たした気がしました。

歴史博物館で立体模型の古い時代の宇佐神宮境内に弥勒寺・五重塔などなどが同じ敷地内にあるのをみて、「神仏習合」を感じ昔の日本人は仏教も受け止めて取り入れて仲良くやってたのだなぁと。

現代の宗教界に少し疑問を持ってましたが、富貴寺も熊野磨崖仏も祈りとか心の拠り所になり、美しいかたちになって今まで続いてるのを感じました。

今回は、よく登り、美味しいものを飲み食い、たくさん道の駅にも寄り買い物もし、お天気も心配なく、参加者の皆さんも楽しい方々ばかりで充実の楽しい旅でした。

一足お先にお別れし、博多でエステをし友人と焼き鳥を食べ、翌日は熊本の親戚一同に会い阿蘇を周り帰宅しました。

私の教訓、ちいろばツアーは予告がなくても、終日、歩きやすい靴・服装をしていこう。前後の個人的予定はほどほどに。

ありがとうございました。夕食処もランチ処もとてもおいしゅうございました。Wさんありがとう!


御許山登拝、大元神社参拝ですが、普段山登りはしないので皆さんについていけるか不安でしたが、無事参拝でき安心しました。

シーンとしている、まさに聖地でした。一人で行くのは怖いけど、ひとりで内観していたいような空気が満々てました。

まわりの苔むした寺跡の石垣や大岩の数々も修行場の跡というのが納得。宇佐神宮の陽に対し御許山の陰でしょうか。

ツアー中で一番ひっそりとしてるけど、一番心に残った場所です。思い出して反芻します。