みんなの聖地巡礼ストーリー 鹿島

東国三社参拝と鹿島神宮を掃き清める2日間2013~鹿島神宮で「古代語で解く伊勢と鹿島と香取の神」講座~」

Pocket

2011年の東日本大震災で倒壊してしまった鳥居が復旧さえれる前の2013年2月の鹿島神宮です

2013年の東国三社ツアーは定番の新年早々2月の時期に戻し、鹿島神宮の聖域内を清掃させて頂く「ご奉仕作業」を始めて行った前年同様にツアーに組み込み、新年2月の早朝の鹿島神宮の清掃ご奉仕が以後定番となりました。

この年のツアーでも、東国三社である息栖神社・香取神宮・鹿島神宮の順番に参拝しました。また、鹿島神宮の摂社である沼尾神社・坂戸神社や明石の鳥居にも訪れました。鹿島に一泊しましたが、自然栽培の食と自家製酵母のビールを提供するお店で夕食を頂きました。そして、翌朝は早朝から鹿島神宮の聖域を清掃させて頂きました。

更に、鹿島神宮での正式参拝の後には、鹿島神宮の元神職様による講座を受講しました。テーマは「古代語で解く伊勢と鹿島と香取の神」ということで、非常に興味深いお話を聴くことができました。ツアーの最後には、鹿島立ちの聖地・跡宮へと訪れ、参加者それぞれのこれからの新たなる「鹿島立ち」を願いました。

私たちが東国三社の神々から学ぶべきことは「要石」のように、動かない心(不動心)を持って日常生活を生きることが大切であるということだと思います。なかなか出来ることではありませんが、参拝の中で日常の自分を振り返り、反省すべきところは反省した上で、そこから世直しをしていこうという気持ちが大切だと感じます。これからの時代、「自律と自立」の出来た人が、とても生きやすい時代となり、その反対の人たちにはとても過酷な時代となり、その明暗がはっきりとしてくるように思います。どんなことが起ころうとも心がぐらつくことなく、受け入れる寛容な人間になることを要石は伝えようとしているのではないでしょうか。

今年も鹿島神宮で清掃の時間があります。清掃をさせていただくという行為は、「きれいにしてあげる」ではなく、実は私たち自身が清掃することで祓い清められていることを実感するでしょう。昨年のツアーでは皆さんがなかなか清掃をやめようとしないところにも、実は自分自身が一番祓い清められていることを体感されたからだと思います。

(東国三社参拝と鹿島神宮を掃き清める2日間2013~鹿島神宮で「古代語で解く伊勢と鹿島と香取の神」講座~」ツアー資料の中から引用)

以下、東国三社ツアー2013へ参加された方の『聖地巡礼ストーリー』です。

ツアー全体どこにも無駄のない充実の二日間でした。【埼玉県 Yさん】

お疲れさまでした。事故・けが・病気も大きなトラブルもなく無事に帰ることできたことに感謝したいです。ありがとうございました。

帰りの夕方、東海道新幹線が不発弾処理の為、遅延していたようですが、みなさん無事当日に帰れましたでしょうか。

ちいろば企画様の旅行に初参加にして、出身と関係の深い、鹿島神宮を初めて訪れることができて本当によかったです。

茨城県を誇りに思いました。どうか頻発する地震も抑えてほしいと思いました。それとも意味のあることなのでしょうか。

特に印象に残ったのは、水・水面のキラキラでした。息栖神社の忍潮井の甕の澄んだ水。明石の浜の荒々しい海・海岸。

早朝の鹿島神宮の御手洗池。神様がいらっしゃるところを大切に今も守っているのを感じ浄化されるようでした。

それともうひとつは、静ひつな森の中の神社です、香取神社の奥宮は鳥居をくぐる前から息を止めるというか、

静かに静かに自分と向きあいつつ神様を拝見するような気がしました。それから、地元の人も知らないんじゃないかと思われるような沼尾神社。たまたま入った森散策で大木にからまるツタがまるで人工のしめ縄のようだったのには、驚きました。

最後に行った、鹿島神宮跡宮も住宅街にひっそりとありながら、凛と気高さが感じられて心地よかったです。が看板にあった物忌の説明には考えさせられました。

二日目の朝のきりっと寒い中で見た、杉並木。お掃除をさせていただいた後の、ほうきの掃け目の残る道の美しさも気持ちがよかったです。

もう少し、寒さ対策をしてくればよかったとは思いましたが。

ほとんど団体旅行の経験がなく、聖地巡礼に特化した旅はしたことがなく、正式参拝のご祈願も初めてで不安なこともあったのですが、参加者のみなさんそれぞれが心にテーマをもってこられているのか、資料にもあった通り、ちいろばさんに依存も奇跡(笑)も望まないで粛々と各神社にお参りしている姿も一般のツアーとは違うなと感じました。

元宮司の萩原様のお話もミクロなことからマクロまで、とても興味深く、なにか謎が解けたような?宿題をいただいたような?とにかく、ツアー全体どこにも無駄のない充実の二日間でした。

らくだやさんの美人店長の笑顔とおいしいごはん・日本酒・干し芋もおいしかったです。持ち帰ったヘンプのお菓子もちびちび食べるのが楽しみです。

WEBでは売り切れてたサラームヘンプの製品も買えてよかったです。今週末は、地元の氏神様にお礼をお伝えに行ってきます。

榎本さん・伊東さん・玉串奉納のYさん、他の参加者のみなさんありがとうございました。

そして、私たちを迎えてくださった神様ありがとうございました。

いつも ちいろばさんのツアーでは感動させて頂いております。【東京都 Iさん】

榎本様、伊東様

この度は東国三社ツアーでお世話になりまして有難うございました。

引越しをして間もなくバタバタ状態ではある時期ですが、どうしてもどうしても参加したいという思いがあったので実現出来たことを本当にうれしく思っております。

3年前の私的な出来事から今回神様からやっご縁をいただけたような、しかもお掃除までさせて頂けるという有難く貴重な体験をさせて頂き、心から感謝いたします。

早朝の神社は空気がピンと張り詰めていて気持が引き締まる思いと、やはり私は有難い気持ちでいっぱいでした。

何が起きようとも動じない「不動心」は私に足りない部分です。
これから生きていく上で「要石」のように不動心をもって行動をしなくては!と参拝中に改めて反省させられました。
強い精神力と意志を持つ。難しいとは思いますがこの先意識しながら生活していこうと思います。

「明石の浜の一の鳥居」好きな場所になりました。
寒くて風も冷たかったのですが、私の日々の穢れを全部清めて頂いたような気がします。有難いですね。
風が目に沁みたのか・・涙が少し出ました・・

いつもちいろばさんのツアーでは感動させて頂いております。(3回目ですが)
ツアーに参加されている方も素晴らしい方々で安心して楽しく旅をさせて頂いております。

2月、新年が始まりました。今年1年皆様にとってより良い1年となりますように。
又お会いできる日を楽しみにしております。

有難うございました。

新しい出会いと再会の中で、ゆっくりと過ごすことが出来ました。【神奈川県 Sさん】

榎本さま
伊東さま

東国三社ツアーでは大変お世話になりました。

新しい出会いと再会の中で、ゆっくりと過ごすことが出来ました。
ありがとうございます。

ツアー参加の皆さまとの清掃のように、誰かと一緒に
何かをする時間は普段は中々ありません。

清掃や講義に対する姿勢からも見習うところが沢山あります。
私も出来ることから始めます。

個人的には、ようやく色々な意味で年が明けた気がします。

昨年出雲で伝えた思いを、改めて鹿島で伝えました。
今年はそこに向かって進んで行きます。

昨年までは、柔らかい言葉でおみくじに書かれていることもありました。
今回は「要石の動かぬが如し」。力強い言葉をいただきました。
日々の努力を怠らないようにしないといけませんね。

榎本さんのブログで間口が広がったようです。
以前なら見えなかったものが目に入ってきます。

正しい判断が出来るように、自分自身を少しずつでも鍛えたいと考えています。

今年は参加したいツアーがまだまだあります。
この次お目にかかる日を楽しみにしています。
今後もよろしくお願いします。

どのようなことが起きても、要石のような不動心をもって臨みたいと思います。【埼玉県 Sさん】

ちいろば企画
榎本 様
伊東 様

東国三社ツアー、今回も大変お世話になりました。
ありがとうございました。

前回のツアーを終えた時、
「また何処かお掃除をする機会があったら、是非、参加したい!」
と意気込んでいたのに、出雲ツアーへ参加できず・・・(涙)
1年かけて勉強していた資格の検定試験と日程がかぶってしまい、
「これもご縁。まだ呼ばれていないんだ」とツアー参加を断念しました。
そしたらなんと、前回のツアーでご一緒だった方の中に、
「出雲ツアーに2日間だけ参加して、現地の試験会場で試験を受けた」
という方がいらっしゃいました。(驚)
その手があったか~
でも、せっかくなら奥出雲へも行きたいですものね。(汗)
恐るべし、ベテラン会員さん。
私はまだまだです。

今回の東国三社ツアーは誕生日を一週間後に控え、
新年の誓いを表明するための2日間となりました。

2日間お天気に恵まれましたが、やはり2月は寒いですね~
そして、朝6時はまだ真っ暗・・・
「要石」「奥宮」周辺はすでにキレイに掃き清められていて
ちょっと拍子抜けしましたが、
「御手洗池」の周辺や参道をしっかり掃かせていただきました。
今回は防寒対策で手袋をしていたので
勲章の豆はできませんでしたけど・・・(笑)
日が昇ってきて、青空が見えてくると
やっぱり気持ちがいいですね~

正式参拝を終え、おみくじを引いてみたら・・・???
・・・「半吉」
初めて目にしました。
吉凶よりも、神様からのお言葉が胸に沁みます。
どのようなことが起きても、要石のような不動心をもって
臨みたいと思います。

息栖神社の忍潮井では前回ハッキリ確認できなかった
「男瓶」「女瓶」の姿を拝むことができてよかったです。

そして何より、今回のツアーは空腹との戦いでした(笑)
とにかくお腹がすいてすいて、参拝を終えバスに戻るたびに
朝買い込んだパンやらスギノオトさんのクッキーやら
ちょこちょこ口にしていました。
香取神宮での甘酒&みたらし団子も美味しかった~
らくだやさんのお料理には、普段コンビニ弁当やスナック菓子ばかりを
受け入れている私のカラダもビックリしたはずです。
酒粕のグラタン、お鍋も二種類・・・〆の雑炊までしっかりいただきました。
ビールと日本酒をちゃんぽんすると後でとんでもないことになるのですが、
今回は二日酔いもなく、翌朝もスッキリ~
やっぱり素材が違うと違うものなんですね~
私も食について真剣に考えなければいけませんね。
体重はしっかり3kgも増えていました~(涙)

萩原様のお話はとても興味深く、1時間半では物足りなかったです。
一日も早く書籍となり、この手にできる日が待ち遠しいです。

また来月・・・ってすぐですね。
「天孫降臨ツアー」お世話になります。
今回ご一緒だった方も数名いらっしゃるようで、今から楽しみです。

その前に、「東京マラソン」完走めざしてガンバッてくださ~い!
私はケーキを頬張りながらテレビ観戦・・・
いえいえ、テニスで汗を流します。

今回のツアーもステキな経験をすることができました。
ありがとうございました。

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。
Pocket

-みんなの聖地巡礼ストーリー, 鹿島
-, ,

おすすめ記事

1
出雲大社ツアー 神迎・神在祭をガイド付き・少人数で巡る旅がおすすめ

目次1 ご縁を求めて出雲大社へ2 出雲大社への旅行・観光に最適なのは、個人旅行か ...

2
熊野古道ツアー おすすめは巡礼の旅

目次1 熊野古道への旅2 熊野信仰に思いを馳せ歩く巡礼の旅へ3 熊野古道ツアーの ...

3
伊勢神宮ツアー おすすめは少人数限定のテーマ旅

目次1 伊勢神宮への旅2 お伊勢参り 目的による旅行形態の違い3 伊勢神宮ツアー ...

4
東国三社ツアー 鹿島神宮の早朝清掃と伝説の古社参りがおすすめ

  目次1 東国三社を巡る旅2 東国三社ツアーの分類3 伝説の古社を巡 ...

5
富士山ツアー 山麓のパワースポットをめぐる巡礼の旅がおすすめ

目次1 富士山麓のパワースポットをめぐる旅2 富士山信仰を学ぶ3 富士山パワース ...