ちいろば旅倶楽部ツアー 聖地巡礼

1本の樹木のような心で生きる


こんばんは~!

 

早速、ハワイ島ツアーお申込みがありました!

ありがとうございます!!

 

まだまだ参加お待ちしています。

ハワイ島のすばらしい聖地を巡礼し、

ご自身のたましいと向き合う時間があります。

 

ちいろばのハワイ島ツアーの先達のお一人である、

菅原真樹さんの写真とメッセージを見ています。

 

 

真樹さんの本、本当に素晴らしい!

 

ハワイ島ツアーに参加する人もしない人も、

真樹さんだからこそ撮れた、深海の神秘や山の神の祈りが

聞こえそうな写真を見てほしい。

 

ハワイ島だけではなく、

ちいろばのツアーでも訪れた、

沖縄の浜川御嶽や久高島の写真もありました。

 

浜川御嶽は私は好きだったのですが、

以前は地元の人達も近寄らないような場所になっていたと

真樹さんがブログに書いていたように思います。

 

それを一人の地元の人が命をつないでくださっていたとは!!

 

私のような観光客は、ただ喜んで拝むだけだったのですが、

そうして浄めてくださる方があってこそ祈りができた。

本当にありがとうございます。

 

この中に、私が真樹さんから買わせてもらった、

キラウェアの写真もありました。

 

キラウェアの女神・ペレのみほとが開き、

まさに出産を迎える瞬間の写真。

 

一体、どうやって撮ったの!?

 

初めてその写真を見たとき、圧倒されました。

 

その写真を撮るとき、

真樹さんの靴底の焼け焦げる匂いが立ち込めたそうだ。

 

そして、ツアーで訪れる樹もあった。

その樹は、神社にあるご神木とかそういうものではありません。

マーマネの木というそうです。

 

 

火の神・ペレの妹である緑の女神ヒイアカは、

緑がすべて焼く尽くされた大地に横たわる

ペレに見つからないように、そっと天から一粒の種を落としたのだそうだ。

 

そんなときに思い出した。

スピリチュアリストの江原啓之さんのハワイの書籍に

こんなことが書かれていた。

 

地球という大いなる自然に抱かれ、霊的世界の大いなる自然に抱かれ、

霊的世界の大いなる愛に見守られている私たち。そのなかで、1本の樹木のような

心で生きることが大切ではないでしょうか。

名もないただの木だって、人々に憩いを与え、酸素を吐き出し、

役に立って生きているのです。

厳しい雨風にも必死に耐えながら。

それなのに人間は、自分たちの便利な快適さのために自然を壊し、

宇宙まで変えようとしている。

マウナケアの山頂では、その傲慢さを思い知らされます。

そして生きるということの根本的な意味を考えさせられるのです。

生きることに疲れてしまったという人は、

機会があればぜひマウナケアを訪れてほしいと思います。

自分はいったいなぜ生まれてきたのか、

何のために生きているのかという問いに、

その人なりの答えがきっと出せると思います。

『スピリチュアル・ヒーリングエナジー IN HAWAII』 江原啓之著 主婦と生活社より

 

名もなき1本の木。

 

この文章を見て、

 

「あ!あの木だ!!」

 

真樹さんが大切にしている、いつも神事を行っている木だと思いました。

 

あの木こそが、私たちにどう生きるのか?を伝えているのだと思います。

 

そして江原先生のおっしゃるように、マウナケアの山頂で、

自分の人生のこと、どうして生きるのか?を考えるときを

もちたいと思います。

 

タマシイノヒトシズク いのちの息吹と水に触れる旅

 

心の癒しの一冊です。ぜひお買い求めくださいませ。

 

私もマーマネの木のように、強く生きていける

たましいになりたいと思いました。

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。

-ちいろば旅倶楽部ツアー, 聖地巡礼
-, , , , ,

Copyright© ちいろば企画・榎本の「経験と感動」ブログ , 2021 All Rights Reserved.