日常生活 気になるニュース・話題

3月31日はスピリチュアリズム記念日

Pocket

おはようございます。

 

今日は3月31日。スピリチュアリズム記念日です。

この世に霊的真理(スピリチュアリズム)がもたらされた日。

 

当時はイースターだったそうです。

 

キリスト(救世主)の再臨を意味する日に、

キリストの再臨ではなく、

1人ひとりに霊的真理が宿ることを示されました。

 

人は霊的な存在であることを示された日。

 

スピリチュアリズムの始まりは、1848年、

アメリカのハイズビューという村に住む

一軒の家で起こったポルターガイスト事件です。

 

その家にはマーガレットとケイトという姉妹がいました。

頻発するラップ現象の中、その2人はあることを思いつきます。

ラップを使ってオバケさんたちと話をしようとしました。

 

「オバケさん、もし本当にいるなら私が1回手を叩くから、同じ数だけ叩いてね」

 

そう言って叩くと、「ピシっ」と答えが返ってくる。

2回叩くと2回ラップ音が鳴る。

こんな具合に、霊界との交信が始まりました。

 

それが次第に高度になり、アルファベットで交信ができるようになりました。

2人のアイデアは人類に偉大なプレゼントを受け取る最初の一歩を

つくったのでした。

 

その交信の結果、そのオバケの正体はチャールズ・ロスナーと名乗る行商人で、

かつてこの家の住人に殺され、家の地下に埋められたことがわかりました。

そこで実際に掘ってみると、かばんと骨がでてきたのだそうです。

 

霊的な存在、目には見えない存在となった人と交信できた。

それがわかった日なのです。

 

当時、科学のメッカといえば英国でした。

そこで英国の科学者たちがこぞってこの村の調査に入りました。

その中には、シャーロックホームズの著者・コナン・ドイルもいました。

 

日本で話題になった「フェアリー・テイル」にもコナン・ドイルは登場しました。

この物語は実話なのだそうです。(NHKの番組ではウソだと紹介されていましたが・・・)

 

それから不思議な現象は英国でさらに研究されました。

その研究所はケンブリッジ大学にあり、

タリウム元素の発見者であるウィリアム・クルックスや

ノーベル賞を受賞したシャルル・リシェは「エクトプラズム」を命名した人。

 

彼らはこの頃誕生した霊媒(ミーディアム)を使った実験で、

さまざまなスピリットとの交信に成功しています。

 

それから私たちはなぜ生まれ生きるのか?

本当の幸せとは何か?という真理を探究するように

なりました。これは人類にとって偉大な福音となりました。

 

これらの霊交による思想をスピリチュアリズムと呼ぶようになり、

その思想に従い、生きるものをスピリチュアリストと呼ぶようになりました。

 

1848年に起こったポルターガイスト事件は単なるオバケ騒動ではなく、

私たちに霊性の目覚めを起こさせるためのスピリチュアル・ワールドからの

メッセージです。

 

この150年に及ぶ流れは現在も続いており、

コナン・ドイルも会長だったSAGB(英国スピリチュアリスト協会)

は江原先生も会員で、私、榎本も20年以上前に偶然に足を運んだ場所で、

さまざまな啓示をいただきました。(SAGBはなくなった話もあります)

 

また、英国にはカレッジ・オブ・サイキックスタディーズといった

スピリチュアルな学校があります。

(私自身もここに入ることをSAGBの霊媒の人にすすめられましたが、行かなかった)

 

他にもヒーリング団体などがたくさんあります。

こうした団体が多い理由のひとつに、

英国王室がこの分野に造詣が深いことがあります。

 

しかし英国のスピリチュアリズムは

かつてのような力を失いつつあります。

 

これからのスピリチュアリズム大国はどこになるか?

というと、それは日本だと思うのです。

 

日本はもともと精神性の高い国です。

これから日本が精神性の高い生き方を示して

世界をリードすることが大切です。

 

WHO(世界保健機構)では1998年に、

人間の健康の条件の中に「スピリチュアリティー」

という言葉を加えるかどうか議論されたことがありました。

 

「非科学的だ」と言われたスピリチュアルな世界を

信じようとしなかった人たちも、

変わらざるをえないような状況になりつつあります。

 

今日はその、ハイズビュー事件の起きた日。

スピリチュアリズム記念日。

 

3月31日のお誕生日のみなさま、おめでとうございます。

そして亡くなった義母の誕生日でもあります。

 

私も今日からスピリチュアリスト・江原啓之さんの

学舎の本科での勉強が始まります。

 

さらにスピリチュアリズムの学びを深めて、

私自身がたましいを磨き、

ちいろばの会員の皆さんに示せるようにがんばりたいと思います。

 

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。
Pocket

-日常生活, 気になるニュース・話題
-, ,

おすすめ

1
5月のちいろばの上高地ツアー、とてもおすすめな理由!!

    おはようございます!     寒 ...

2
ハワイ島ツアー2018の御力(みりょく)とは?

    おはようございます!   明日はいよいよ大 ...

3
ひとり旅の効能とちいろばのツアーはたましいの自立を促すレッスンでもある!?

    おはようございます!   昨日は1日1食。 ...