日常生活 聖地巡礼

奈良美智さんは男性です


 

こんばんは~。

 

今日も白砂糖、乳製品を食べないで過ごせた榎本です。

 

最近は白砂糖の取りすぎで、アトピーが出てしまった。

 

アトピーは辛いけど、私に教えてくれる。

「砂糖のとりすぎだよ!」

 

青森ツアーお申込みの○○さんからのメールです。

ちいろば企画 榎本様  ○○です。
奈良美智さんは、ミチではなくて、ヨシトモさんなんですね。
知らなかったです。女の子ではなかったんですね。
ありがとうございました。

はい。女の子ではなく、男性です。弘前市出身の方なのです。

青森県立美術館で奈良美智さんの世界を楽しんでくださいね!

○○さんだったら、きっと好きになると思いますよ~!ウフフ♪

 

今日も三浦綾子さんの言葉

はい。昨晩寝る前に、畑のあの人のことを祈りました。

あの人のことを少しでも理解するよう祈りました。

 

今日も畑に行きましたが、特に変わりなく、無事でした・・・。

 

しかし雨が降らないので、野菜さんたちに元気がない。

せっかくズッキーニの小さいのができていたのが、枯れていました・・・。(泣)

明日は朝早くに水やりに行きます!!

 

苦難や困難はその人のたましいの成長のためにあるのであって、

苦難や困難、試練がなければたましいは成長しない。

 

小さくなるとは、謙虚になるということなのかな?

受け入れるということなのかな?

 

苦難、困難、試練はあって当たり前。

しかし苦しいばかりではなく、喜怒哀楽、すべてを味わってこそ、

私たちはより多くの経験と感動を積むことができる。

 

スピリチュアリズムの視点から

グループソウル(類魂)の法則を知ると、

私たちはグループソウルの代表選手としてこの世に生きていることがわかる。

 

どんなことも意味があって自分に起こっている。

不必要なことは決して起こらない。

振り返ると、どんなに辛かったことも、

すべて自分のたましいの成長のために必要な経験だったとわかる。

 

『小桜姫物語』を読んでわかるのは、

生きている間に少しでも執着や怒りを浄化させることだとわかりますね。

あの世に逝ってからも、自分の性質は変わらずに残っている。

傲慢さ、執着といったネガティブなものを死ぬまでに少しでも解放するようにしたいですね・・・。

 

自分を変えようとしないことは、結果、自分を追い詰めることになるのでは?

ありのままの私でいよう、ありのままの私を受け止めて!

という人を見ると痛々しくなることがある。

 

私たちはたましいの成長のために生まれているから、

私たちそれぞれの課題を乗り越えることが大切。

「ありのままで」いてはいけないんですね。

 

 

自分を愛する・・・大切なことで、基本です。

その愛を自分から他人へ広げていくことこそ、大切なこと。

 

自分のために生きることには限界があると思います。

私たちが目指すべきは、「利他愛」ですね。

究極は、他人を愛する、他人のために生きること。

 

マザー・テレサのように自分を無くして、

人のために尽くして生きることなんだと思います。

とは言いながら、なかなかそうなれませんが。(爆)

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。

-日常生活, 聖地巡礼
-, , , , ,

おすすめ

1
聖地や神社の歴史を学んで、知識から教養に変えよう!~富士山から学ぶ~

    こんにちは!   私が忙しかったり、体調が ...

2
火の神水の神「富士山」・富士山麓大巡礼ツアー募集開始しました!

    こんばんは~。   お正月用の買い物を買い ...