日常生活 気になるニュース・話題 聖地巡礼

産土の神さまへのご挨拶とお墓参り~因果はめぐる~


 

おはようございます!

 

今日は天皇陛下の84歳のお誕生日。

天皇陛下、お誕生日おめでとうござます。

 

いつも日本や世界の人たちの幸せの祈りを捧げてくださり、

ありがとうございます。

 

ご高齢でありお体の調子が悪い中、

ずっとお仕事を続けてこられた

天皇陛下に心から感謝いたします。

 

昨日1日は、朝から深夜まで、東京におりました。

 

とにかく食べ過ぎました。(爆)

なので今日は1日1食で少食にしておきます。

本当は断食が良いのですが。(笑)

 

その前日は、NHKのニュースで道路状況を見ました。

すると22日は首都高が大変混むということでした。

私とイトウさんが利用した高速バスは40分ぐらいの遅延。

 

まずは、イトウさんの産土の神さまへのご挨拶。

 

氏神さまである川越氷川神社。縁結びで人気の神社です。

 

しばらく参拝に来ていなかったのでお詫び申し上げました。

そして、神棚に産土の神さまのお札を加えることにしました。

 

そしてお墓参りへ。お墓参りもかなり久しぶりになってしまいました。

でもお仏壇では毎日ご挨拶しております。

 

最近は、亡くなったお父さんもお母さんが

イトウさんの夢には出てこなくなったようです。

 

少し前にイトウさんが見た夢は、お父さんもお母さんも

順調に上に進んでいってるから大丈夫、と言われたそうです。

 

『霊界通信・小桜姫物語』にもあったように、

亡くなった人には誰にも先生が付き、

(書籍にはおじいさんとして出ていますが、実際には龍神が担当)

あの世で修行を積み、現世の執着を落としていくことになるようです。

小桜姫物語―霊界通信

 

私のご先祖様への祈りは、「ご先祖様、ありがとうございます。

そちら(あの世)での修行、がんばってください。

私とイトウもこの世の修行を乗り越え、がんばります」と伝えます。

 

お願い事とか、そういうものは全くありません。

というか、ご先祖様はそういう対象ではありません。

 

ご先祖様がいらっしゃるから、私たちがいる。

そしてご先祖様がこの世に生きている間に行われた善行が

私たちにもたらされることがある。

 

その一方で、ご先祖様に悪行があれば、

子孫はその因果も受けることがある。

 

すべての因果(原因と結果)は、ご先祖様と私たち、

つまり同じチームメイトのようなものでもあり、

そのチームメイトの中で因果が起こる。

 

駅伝でいうと、チームメイトが誰か問題があれば、

そのチーム全体で責任を取る、みたいな感じ。

 

チームの中にそのような犯罪をした人が出てくると、

チーム全体が出場辞退とか、出場停止とかがありました。

 

しかし、それもなくなったのかなと思うような出来事がありました。

 

ちなみに、今年の箱根駅伝に出場する日本体育大学の現役の選手の中に、

下着泥棒が出たのですが、お咎めはないようです。

 

出場辞退だと、他のまじめに一生懸命練習した選手がかわいそうなので

なんともいえませんが・・。

 

問題を起こすと、みんなに迷惑がかかる。だから気をつけよう。

そうした考え、美徳が、日本からなくなりつつあるのかもしれませんね。

自分を律する「自律」を、重要視しなくなったのかもしれません。

 

そうした犯罪をした本人が一番悪いのですが、

そのような行為を実際にする前に、

小さな何かをその本人がやっていたはずで、

周りの誰も気づかなかったのかな?

 

連帯感を持ってチームメイトで一丸としてやってきた駅伝の仲間の中で

何かしら今までに「おかしい」と気づいていた人もいたかもしれない。

 

犯罪になるまでに、何かしらの行動が重なってあったのでは?

と私は思います。

 

「魔が差す」の「魔」は「間」であり、

心のすき間が問題を起こす。

 

誰にも未熟な点があります。それは前世から引き継いだ部分。

 

その未熟な点があるとわかれば、

自分で自分をうまく「おもり」しながら改善を目指す。

そうやって自分で自分を律する努力が必要だと思います。

 

私がイギリスのSAGB(英国スピリチュアリスト協会)で

ミーディアムの先生に視ていただいた際、このような話がありました。

 

「あなたの先祖の中に医師がいる。

その人の善いところを、あなたは引き継いでいる」

 

という話からも、先祖の影響を自分が受けていることがあると

判断することができますね。

 

スピリチュアリストの江原啓之さんのお父様が

お勤めされてた会社の薬害で亡くなられましたが、

その理由は、ご先祖の中に薬を盛って人を殺した人がいたということです。

 

私たちの行いが、こうやって子孫にも影響を与えるということを、

私たちは覚えておかなくてはいけませんね。

 

先祖のどのような因果も私たちは受け入れる覚悟が、

必要ということです。

 

いい行い、目には見えない「徳」を積んでいくことが大切です。

「天に宝を積む」とは、目には見えない「徳」を積んでいくこと。

 

目には見えない「徳の貯金」を積むことですかね~。

 

この世で人から悪しき方法でお金を取ったり、

嘘、でまかせの情報で人を導いてお金を取ったり。

また、そういう人たちのところに多くの人が集まっている。(爆)

 

嘘と真実が見抜けない人は幸せになれない。これも波長の法則。

 

自分のことしか考えない方法で人をだましたり、人の心を殺すような

ことをする人は、自分にそのカルマが返ってこなくても、

いずれ大切な子どもさんや子孫にそのカルマが返ってくることを

覚えておきたいですね。

 

自分に連なる家系の方々が、誰かに迷惑をかけてきたかもしれないと想像し、心の中でまず反省し、謝罪をすること。そして今、困っている人のために何かできることをする。誰かのためにという大我の気持ち、利他愛で、いつも生きることが大事です。

『運命を知る』江原啓之著 PARCO出版


運命を知る

 

スピリチュアリストの江原啓之さんは、

運を拓くためのステップとして、「運ぶ運」「前世の因果により運ばれる運」「家系の因縁により運ばれる運」、この3つの運を整えることだとあります。

 

ご自身の運を拓いていきたいと考えている方は、

ぜひ、この書籍を買うことをおすすめします。

 

 

因果はめぐるのです!!

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。

-日常生活, 気になるニュース・話題, 聖地巡礼
-, , , , , , ,

おすすめ

1
専門家から聞く!新型コロナウィルスについて(見たほうがいい!!)

    こんにちは!   これはみなさんにおすすめ ...

2
本当の幸せとは何も恐れないこと

      おはようございます!   昨 ...

3
運に恵まれている人・いない人の違い ~2月から6月のちいろばのツアーお申込みの皆様へ感謝の言葉~

    おはようございます!   新幹線も乗客がい ...

4
ちいろば企画の今後のツアーのこと、当社の方針について

    おはようございます!   ちいろば企画の榎 ...