お知らせ・ご連絡 ちいろば旅倶楽部ツアー 日常生活 聖地巡礼

神さまの懐に抱かれる弥彦村の神社「彌彦神社」と燕三条の御力(みりょく)


 

おはようございます!

 

夕食で里芋の煮ものを作りながら・・・。

この平凡な日常が、なんと幸せなことなんだろう

としみじみ感じた榎本です。^_^;

 

今年の5月は、ちいろばにとって初の

「彌彦神社」ツアーを企画しました。

もうすぐ、登録会員さんにもお知らせいたします。

 

メンバーズ会員さんからの

お申込みもいただいております。

ありがとうございます!(^^♪

 

 

スピリチュアリストの江原啓之さんも崇敬している弥彦神社。

 

『江原啓之 神紀行』に紹介されていますが、

この神紀行シリーズに出ている神社は、

江原啓之さんにとってゆかりの深い神社ばかりです。

 

彌彦神社は越後一の宮であり、

地元の人たちにから「おやひこ様」と呼ばれています。

 

地元の人たちに慕われ、大切にされる神社。

地元の発展に貢献された素晴らしい神さま「天香山命」が祀られる。

 

天香山命(あめのかごやまのみこと)は、熊野では

「高倉下命(たかくらじのみこと)」と言われていました。

ゴトビキ岩

 

 

熊野にある神倉神社のご祭神は、

高倉下命とアマテラスオオミカミ。

 

ゴトビキ岩の上に倉があって、

その中に「フツノミタマノツルギ」があったのを

受け取ったのが、高倉下命。

 

熊野での神武天皇にその剣を渡して窮地を助け、

日本国家樹立に大きく貢献された神さま。

日本の神話にも登場します。

 

アマテラスオオミカミの直系のひ孫であり、

天孫降臨された際の代表格である神さまでもありますね。

 

彌彦神社は弥彦山のふもとにあり、

ロープウェーに乗れば頂上まで行けて、

奥宮に参拝に行くことができます。

 

この頂上から見る越後平野の様子は、

日本の原風景といえるような景色が広がっています。

田んぼが広がっています

 

 

地元の産業に貢献され、そして日本産業全般にも

ご神徳のある神さまであると思います。

 

神と人がともに汗をかいて農業、漁業、鉄作り、塩作りなど・・・。

日本の基礎となる産業を生み出した場所でもあるので、

同じ日本人として、感謝を伝えたい聖地です。

 

弥彦には温泉もあり、日本海がすぐそばにあり、

コシヒカリの聖地ともいえる場所。

だからおいしいお酒もありますね♪

 

弥彦地域から近い燕三条では、

世界レベルの技術のグッズが作られています。

 

ツアーでは、ものづくり体験も希望者のみ、可能です。

以下の、タンブラーの槌目入れをします。

 

 

 

私が行った際に買ったのは、

包丁(藤次郎)、カレー用のスプーン、

キッチンで使うボールなど、いろいろ。

 

イトウさんがめずらしく、タンブラーを買いました。

購入したタンブラーで飲むビールの泡が細かくておいしいので、

余計に飲んでしまいそうになるみたいです。(^_^;)

 

燕三条地場センターさんからお写真をお借りしました

 

越後の名産といわれる食からグッズまで・・・。

 

大元には弥彦の神さまのご指導があってのもので、

それが現代につながっていると私は思います。

 

おやひこ様にご挨拶して、

海の幸、山の幸をいただいて温泉に入る喜びを

実感いたしました。

 

ツアーでいただくのはこのコース。みのやさんからお写真をお借りしました(イメージです)

 

 

久しぶりに、私のお気に入りの宿と出会いました。

弥彦神社すぐそばにある「四季の宿 みのや」さん。

 

お食事をいただきながら、

心からワクワクしました。

 

あと、弥彦の地域を歩いて思うのは、

素晴らしい樹木があること。

 

 

緑が多くて、立派な樹木があって、

散策するにもとても気持ちのいい地域です。

かわいらしいお店、スイーツ店などもいろいろありますね。

 

ちいろばの弥彦ツアーではちょうど、

ゴールデンウィークが終わったの翌週の土日に予定しています。

 

ゴールデンウィーク後の土日というのは、

意外とゴールデンウィークの余韻をひっぱって

多くの人が訪れるようです。

 

彌彦神社参拝には、

お仕事のアイデアが欲しい方や、

会社の発展を望んでいる方、

会社で指導する立場の方、

お仕事とは切り離して、ご自身の癒しのために訪れたい方など

おすすめです。

 

縁結びにもいいかもしれません。

というのは、奥宮には、天香山命と妃神が

一緒に祀られているからです。

 

ただ、ご利益を願っていくのではなく、

ご自身の努力があってこその参拝なので、

普段の努力をしてからの祈りが大切。

 

宮司様が書かれたこのお2人の神さまのお話を読んでいると、

本当の愛とはどういうものか?を学びます。

 

夫婦それぞれの立場をわきまえながら、

相手のことを慮りながら、それぞれのやるべき

ことをする。本当の夫婦愛だと思うのです。

 

日本伝統の工芸や優れたグッズを買いたい方、

お料理好きな方は、燕三条はなかなか去りがたいところだと

思います。(^^♪

 

私もストックバスターズ燕店他で、

いろんなものを購入しました。

 

写真は、ストックバスターズ燕店さんの許可を得て

いただいています。

 

 

 

 

 

熊野に参拝した方などは、

弥彦神社にも行くと良いと私は個人的に思います。

 

というのも、熊野にいらっしゃった高倉下命(たかくらじのみこと)が、

神武天皇の命令によって、越後に移られた経緯があります。

 

彌彦神社は広い境内で、

参拝していてとても気持ちの良い聖地です。

 

そしてこれからの日本の産業の発展・・・。

多くの日本の宝が、次々と外国にとられていく現実。

日本の宝を守るのは、日本人だけです。

 

日本の産業の衰退・・・。

これも、因・縁・果があって

現実となっています。

 

日本人自身がどれだけ危機を感じているか。

今こそ、おやひこ様への感謝と祈りが

必要なのではないでしょうか。

 

日本の宝は、日本人で守ること。

この素晴らしい聖地の神さまに

真摯な気持ちで祈りたいと思います。

 

もうすぐ、登録会員さん向けに

彌彦神社ツアーをお知らせいたします。

どうぞよろしくお願い致します。

 

 

彌彦神社内に鹿苑もありますよ

 

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。

-お知らせ・ご連絡, ちいろば旅倶楽部ツアー, 日常生活, 聖地巡礼
-, , , , ,

おすすめ

1
神さまの懐に抱かれる弥彦村の神社「彌彦神社」と燕三条の御力(みりょく)

  おはようございます!   夕食で里芋の煮ものを作りながら ...

2
熊野信仰のはじまり・神倉神社は重要な聖地、ご祭神がなぜ高倉下命?

  神倉神社(熊野)   ちいろばの熊野ツアーは、たいてい「 ...

3
神社の手水舎で思うこと、参拝の姿でその人の心が表れている。

    おはようございます!   伊勢・禊ツアーが ...