ちいろば旅倶楽部ツアー 日常生活

半断食ツアー4日間・感動体験談2 ~祈るように生きる~


 

 

こんばんは~!

 

今日は、お昼に比較的近くの笛吹市にあるオーガニックの

イタリアンレストランがあると聞いて行ってきました。

 

私は、スイーツは食べませんでした。

夜は、味噌汁とほんの少しの野菜だけいただきました。

 

今日の午前中は畑作業にジョギング!

今日から再びジョギング開始しました。

 

こんな私にイトウさんが、

「なんでそんなに元気なんだ!?」と驚いています。(^^)v

 

やはり、半断食をしたからだと思います。^_^;

とにかく体が軽い。

 

今日の午前中は・・・

家~(ジョギング15分)~畑(1時間30分作業)~(ジョギング15分)~家~掃除30分~

 

久しぶりのジョギングなので、少なめに。

徐々に走る距離を増やしていきます。

 

そして、9月の岡山ツアーが、

あと1名のお申し込みで催行決定となります!!

 

割引は6月9日までのお申し込みとなっていますので

お待ちしております~♪

 

仮予約はすみませんが、お受けしておりません。

行けるかわからないけど予約を取っておく、というのは

すみませんが、行ける状況が確定してからご予約をお願いします。

 

以下は、半断食ツアーに参加されたAさん、

ちいろばのツアー初参加です!

はじめてのツアーでしたがとても楽しい3泊4日でした
プチ断食も体験できてよかったです。
早速、家に帰って小豆とサツマイモを煮ました。
そしてりんごジュースと本葛、きのこスープ、玄米ご飯取り入れて、過ごしています。
ヨガので生徒さんにもたくさん報告できて喜んでもらえました。

榎本さんとの不思議なご縁。園田東中学校の校歌まで歌えてとてもうれしかったです。
それにしても榎本さんの知識の深いことに感心しとても興味深かったです。富士河口町にも訪れてみたいと思いました。

また、
ご一緒できる日を楽しみにしています。お世話になりました。

 

初参加のAさん。

もともとは、戸隠に興味があったそうです。

でも、半断食ツアーをみた途端、「これだ!」と思ったそうです。

 

ちいろばの半断食ツアーに初参加で4日間とは、

Aさんはとても勇気のある方。

 

想像した通り、Aさんはとても前向きでいろんなことを学ぼう、

吸収しようとする姿勢が本当に素晴らしい!!

 

そのことは、磯貝先生もお話されていました。

望診の際のお話でも、Aさんのお顔にあらわれているとのこと。

 

そんなことまで、望診でわかるんだ~!

すごいわ~。

 

また、Aさんと私は、なんと中学校が同じ!!

はじめて、ツアー中に校歌をうたいました。(^^♪

それに、住んでいたところも同じ6丁目!!

 

こうして共通のつながりがあるのも驚きですよね~!

ご縁なのだと思います。

 

半断食ツアーのあとは、

Aさんも早速、半断食ツアーで学んだことを実践されています。

大切なことですよね!!

 

ツアーのときに学んだことを日常に活かすこと。

そのときだけ、というのはとてももったいないこと。

何か少しでも自分を変えられるところは変える努力も必要。

 

祈るように生きる。

 

祈るように生きるとは?

1つ1つのことに感謝しているかどうか?

 

祈るように朝目覚め、富士山に祈る。

祈るように掃除する。

祈るように畑を耕し、ジョギングの最中も祈りをする。

祈るように食事を作り、祈るように食べる。

祈るように仕事をして、祈るように会話を楽しむ。

そして祈るように眠る。

 

そんなことができるようになりたいです。

まだできませんが。(-_-;)

 

「祈る」とは・・・「想いをこめる」こと「丁寧に生きる」こと

 

食べる、眠る、働く、といった日常の1つひとつの行為をおろそかにしないこと。

出会う、ふれ合う、別れる、といった人とのかかわり1つひとつに心をこめること。

この世に命を与えられた「時間」に感謝して、一分一秒を無駄にせず、懸命に生きること、です。

そして、祈るとは、「自分を愛すること」でもあります。自分を甘やかすこととは違います。

何が自分のたましいにとって本当に必要なことなのか、それを真摯に自らに問うことです。

(中略)

「かくありたい」という自分、「理想の自分」を、あなたは知っています。

それこそが「本当の自分」だからです。

 

『スピリチュアル・リナーシェ 祈るように生きる』江原啓之著 三笠書房より

 

スピリチュアル・リナーシェ 祈るように生きる (単行本)

 

半断食ツアー中は、皆さんと相部屋ですが、

内観する時間もありました。

 

磯貝先生が私たちそれぞれに望診で伝えてくださったことを

元に、内観する会員さんもいらっしゃいました。

 

共同生活ではあっても、

一人ひとりがみんな何かしら内観しながら

過ごしているという感じでした。

 

 

最近ちょっとはできるようになったこと。

 

それは、味噌汁を作ること。

 

味噌汁なんて簡単じゃないか!と思われるかもしれません。

私もずっと作ってきましたけど、

正直、一番手を抜いていました。

 

水をジャ~ッと鍋に入れて、

具をドボンと入れて、

味噌を溶かしておわり。

 

みたいな、作っても作らなくても

どっちでもいいみたいに

いい加減につくっていた味噌汁。

 

最近、味噌汁用の土鍋を買いました。

 

そして、丁寧に野菜を切ること。

最初は弱火でじっくり野菜のうまみを出すこと。

そうすれば、使う味噌も少なくてすむ。

 

丁寧に込めて作った味噌汁は、

今までの味噌汁とは大違い。

祈るように心がけて作ってみました。

 

イトウさんもこの違いに気づき、

味噌汁がおいしいと言ってくれました。

これが、最近の私の小さな進歩。

 

祈るように生きるまでには

まだまだ道のりが長いですが、

少しずつ、心がけていきたいと思います。

 

このようにできたのも、半断食ツアーのおかげ。

磯貝先生や奥さんのゆかりさん、

ツアーに参加された皆さんの体験談やお話のおかげ。

 

今までは1泊2日という短い期間での

マクロビオティック和道でのツアーでしたが、

今回は3泊4日という長い期間、皆さんと過ごしました。

 

磯貝先生が「ちいろばの皆さんは素敵な方たち」と

おっしゃってくださいました。

そんな皆さんだから、先生も楽しまれたようです。

 

もっともっと、私自身の体や心を内観して

もっともっと良い方向へ行きたいと思います。

 

そのためには、膿出し、毒出しと辛い経験をしなくては

いけません。でも乗り越えたいと思います。

乗り越えられない問題は、与えられないのですよね!

 

そして私自身がパワースポットのように

光り輝く存在になりたいと願っています。

 

食を見直すということは、心を見直すことにも

つながります。そのことを確信いたしました。

 

半断食ツアーに参加された皆さんの

今後のご活躍をお祈りしています。

 

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。

-ちいろば旅倶楽部ツアー, 日常生活
-, , , , , , , ,