みんなの聖地巡礼ストーリー 三浦半島

走水神社&小桜神社日帰りツアー2017~小桜姫に感謝を伝える旅~


神奈川県・三浦半島の人気の高い聖地(走水神社・小桜神社)に訪れる日帰りツアーを2017年に開催しました。このツアーは過去にも数回行っています。2017年のツアーでは書籍『小桜姫物語』の主人公である小桜姫が居城していたと伝えられる「新井城跡」にも訪れました。移動中の貸切バスの中では、ちいろば企画・榎本が書籍『小桜姫物語』について熱く解説を加え、ツアー参加者の皆様と一緒に目に見えない世界に思いを馳せた楽しいツアーでした。

日本のスピリチュアリズムを語る上で欠くことのできない文献『小桜姫物語』の小桜姫が語る霊界のしくみ、小桜姫が熱心に参拝した「走水神社」、自身が祀られる「小桜神社」の祭神から見た現世に生きる私たちとは・・・。

今までに数回企画してまいりましたこのツアー。約3年ぶり復活です。

スピリチュアリストの江原啓之さんが、小桜姫から悲しいメッセージが伝えられたということを聞き、ちいろばでもまたツアーをしよう!と思い、企画しました。

『小桜姫物語』のような書籍があること、大切な真理を伝えてくださった小桜神社のご祭神・小桜姫に感謝を伝える旅です。

小桜姫にまつわる神社そして小桜姫が伝える大切なことを学びながら参拝します。
スピリチュアリストの江原啓之さんの書籍『今、いくべき聖地』にある走水神社にも参拝します。

ずっと海のそばを旅します。海の浄化パワーもいっぱい受けながら、今、私たちがここにいる意味を知りましょう。ランチはリゾートホテルのランチビュッフェで1時間です。三浦半島でゆったりとした時間をご一緒しましょう。

(ツアー詳細ページより抜粋)

以下は、走水神社・小桜姫ツアー2017に参加された方々の聖地巡礼ストーリー(お客様の声)です。ぜひ、ご覧下さい。

このような貴重なツアーを企画してくださりありがとうございました。【茨城県 Yさん】

お疲れ様でした。感想遅くなりました。皆さんと別れて自分の駅に着いたとたん、風邪でダウンし、何日か会社も休み、パソコンに向かう気力もありませんでした。

このツアーは参加したいと思いつつ、初参加になりましたが、今がちょうどいいタイミングだったんだなと思いました。何回か小桜姫物語を読んだこと・事前勉強会にも参加出来たこと、引っ越しもして新たな心境だったことお天気も素晴らしかったことなどなど。

走水神社で正式参拝でき、今までの人生でいくつかの神社の宮司様のお話しは聞きましたが、感見宮司様のお話しは心に響きました。天照大神様、伊勢神宮の役割・祈り、天皇陛下が国の安定と平和・国民の安寧と幸せを祈ってくださっていること、走水神社は氏子その他の方々に支えられた、民社であること。今、この時代、この国に生かされている、私たち一人ひとりが祈り、感謝を捧げることが大切だと実感しました。新居に祀る、天照大神様のお札は、ここで購入しようと行動にうつったほど、宮司様のお話しはわかり易く、心のこもったものでありがたかったです。「倭建命」の本も読みやすくて、頂けて感謝です。

小桜神社は、昔、小桜姫がここにいて、お城を見上げていたんだな、今もこの場所をアンテナにして見守ってくださっているのかしらと。小桜神社創建の経緯を知ることで、他の神社も、民意から創建されたり、祈りの場所神聖な場所として祀られて、日本中に神社があり、感謝と祈りがあるのだなと感じました。「神社に行っていいことあった?(ご利益あった?)」と聞かれ、「感謝と祈り、誓い」だと伝えてもぽか~んとされます。

「小桜姫物語」を読む前と後では、死生観が変わりました。肉体の死が終わりでないこと、現世も修行続きですが、あの世でも修行が続くこと。でも修行の種類が違うから、こちらでしか積めない、人間関係、病気、衣食住の苦労や喜びを経験しなければと。一家に一冊、一生に一読すれば、信じる信じないにかかわらず、あの世に行って迷いがなくなり、この世での生き方も、日本人全員が世界中の人が変わっていくのではと思います。まずは、私からですが。

海風にふかれて、太古の昔、小桜姫の時代、現在の穏やかで平和な時代、今この時に、感謝し修行し、経験と感動をたくさん積んでいこうと体いっぱい感じました。

このような、貴重な、ツアーを企画してくださり、本・勉強会も含めて、ちいろば企画さまありがとうございました。

ちいろば講座で学ぶチャンスを今この時に与えられたことに心から感謝を致しております【東京都 Eさん】

先日の走水神社、小桜姫ツアーでは大変お世話になりありごとうございました。

改めて 古事記、日本書紀など 読み返しておりまして お礼が遅くなりごめんなさい、
事前勉強会で小桜姫物語を教科書に霊界物語を読み込み 講座開催と、学びの機会を頂きありがとうございました、
なかなか知りえない世界の学びの場を得まして何か目からウロコが剥がれ落ちました、

霊界の写しが現世である----を知り 現世の生き方を問われてしまいましたが、ちいろば講座で学ぶチャンスを 今このときに与えられたことに心から感謝を致しております、

走水神社では オトタチバナヒメノミコトの本質を感じる事が出来た正式参拝 、油壷の皆様に愛されてる 小桜姫神社参拝、 改めて感じたのは 霊界通信、小桜姫物語に出会えた事で現世の世の中見え方 生き方がかわりました、

私は <ちいろばツアー>参加のつどに 五感を刺激される事に巡りあいます、 凄い事だと思いますが、自分への宿題を沢山貰ってます、 脳細胞が刺激される <ちいろばツアー> 心身共に強化しますので、これからもよろしくお願い致します、

バイキングランチで デザート食べ過ぎたらしく 東京に戻り苦戦してました、
重ねて お礼が遅くなりごめんなさい、どうぞ今後もよろしくお願い致します、

私たちは、心して、そして感謝の念を持って神社に参拝しなければならないと思いました。【東京都 Nさん】

今回初めて「ちいろば企画」のツアーに参加しました。

「小桜姫物語」はかれこれ10年以上前に購入し読んでいました。5年くらい前に個人
的に「小桜神社」にも参拝しました。(その時は境内に人懐っこいネコがいてとても
癒されたことを覚えています。)

その時以来、二度目の「小桜神社」への参拝でした。

ただ、他の方も書いていらっしゃいましたが(また、ツアー主宰者の榎本さんもおっ
しゃっていましたが)ふさわしくないものをお供えしたりしているのはどうなので
しょうね?管理者の方で適切に処理していただきたいものと切に思いました。

小桜姫も決して喜んではいないと思います。

(管理者が動かないのであれば今後有志で清掃活動などしていくべきなのでは?と思
いました。)

ともあれ、当日は天候にも恵まれ、穏やかな日和の中、小桜神社参拝後三浦氏の居城
「荒井城」を油壷湾越しに臨みながら半世紀もこの地において前に起こったであろう
戦乱に想いを馳せておりました。

三年もの籠城の末、城門は開けられ、その戦闘は始まりました。

最早、気力だけで立ち向かう三浦一族の兵・・。

次々と北条早雲率いる兵たちにうち落とされ湾に落ちて行く兵士たち・・。

みるみるうちに湾は赤い血糊で染まりました。

そのうちに血糊が油のようにべったりと固まったように見えるようになりそれが「油
壷」の謂われとなったそうです。

三浦一族終焉の地となったあの湾は半世紀を経た今も静かなたたずまいを見せていま
した。

話は前後しますが今回初めて「走水神社」にも参拝させていただきました。

「弟橘媛」は「日本武尊伝説」において有名な方ですが「小桜姫物語」においても重
要な地位を占める方です。

この神社は戦前の日本海軍の関係者や軍人の方が度々参拝される重要な神社だったよ
うですが戦後は参拝者も極端に減っていたようです。

「20年前のこの神社の参拝客は今と比べて相当少なかった」と宮司さんがおっしゃっ
ていたのをお聞きしました。

しかし、「スピリチュアル・ブーム」に乗ってやって来るお客さんは歓迎されている
かといえばそうでもないようです。

私たちは、心して、そして感謝の念を持って神社に参拝しなければならないと思いま
した。

最後になりますが、「日本武尊と弟橘媛の物語」は三浦半島から浦賀水道を通って上
総国で終結します。

昔の「上総国」すなわち現在の千葉県袖ケ浦市、富津市、君津市、木更津市において
はその地名もそうですが今でも「日本武尊と弟橘媛」にまつわる伝承が残されていま
す。

次の句(日本武尊が現在の木更津・太田山公園あたりで詠んだと言われる)で〆とい
たします。

「君去らず 袖しが浦に 立つ波の その面影を みるぞ悲しき」

本当にちいろば企画に出会えて感謝です。【熊本県 Tさん】

このたびは学び多いツアーに参加できたこと、感謝いたします。
小桜姫物語に出逢い『あの世』へ旅立つ死者の思い、幽界での生活など学ぶことができ現世で死者を思う心持ちなど深く知ることができ、「生き方の安定」が見えたように思います。

よく榎本サンがツアーに参加する前に資料読んでください。と常に申されるのがまさしく!と強く感じました。その場や神社を創建した方々の思い、祭神様の祭られた由来など深く知り、思いをはせて参拝させていただくことで、居てくださることに感謝を素直にできました。

よく「そんなに神社に行って、なにをお願い事したいの?」と言われます。苦笑いで成り立ちなど歴史など話すと「ふ~ん」と興味無いよ的態度。
私のただの旅行で遊びに一生懸命になっているだけなのかなと思い悩む時期がありました。

小桜神社を御祭りするときの幽界の動きを学ぶことができ、御祭りされてきた氏子の方々の思いや創建時の感謝の思いに近づけた参拝できたとき幽界での祭神様の心持ちに応えることが少し近づくことができたかと…。

ツアーを企画、存続していただきありがとうございます。本当にちいろば企画に出会えて感謝です。

---

ちいろば企画サンに出会う前は先の事ばかり、周りと比較してばかりと不安がたくさんでした。旅行を通してたくさんの見えていなかった事を学んだり、縁で出会った方々のおかげで今の考えになることができました。ちいろばサンを通してブログや他の著者の方の活動も知ることができました。きっかけはちいろばサンです。
私はまだまだ未熟です(o^ O^)シ彡☆。

4/16に江原さんが長崎にヒーリングタイムでお見栄になります。初めて拝見、公聴させていただきに行ってます。奇しくも熊本地震の本震の日です。内容は「不安なくす」です。縁を感じてしまいます。

このような旅を作って頂いて本当にありがとうございます。【神奈川県 Tさん】

小桜姫の話はネットで読んだことがあったのですがこれまで神奈川に住んでいながら、走水神社等にいく機会も無く、半島の奥までなかなか行けないので本当に新鮮な旅でした。

今回のツアー参加の前に本を買って読んだり事前に小桜姫セミナーに参加したり自分なりに準備を整えてきました。
横須賀の走水神社に行ってみるととても素晴らしく弟橘姫に縁のある地の神社で昇殿参拝できるとは本当に感慨深かったです、
神主さんに民社と言われるまで全然気づかなかったくらいでした。

その後のお昼のビュッフェも海を見ながらの食事でとっても美味しかったです、
お昼を食べてから小桜姫の社がある神社へ行くとこぢんまりしていて素朴な感じでしたが、小桜姫の社の周りがちょっと異様でした。
これはやりすぎというか故人というよりはすでに神上がられたのに神扱いされていないようで悲しいです。
神社後ろの海岸にも行けておそらく昔とは変わらない風景の中で浄化のひと時で癒されました。

最後に三浦道寸の墓まで行ったりやり返したらものの末路はどうなるか等様々な学びがあった充実の一日でした。
このような旅を作って頂いて本当にありがとうございます。

忘れられない経験となりました。【埼玉県 Sさん】

いつもお世話になっております。
先日の、走水神社&小桜神社日帰りツアー
たいへんお世話になりました。

走水神社での玉串奉納という貴重な経験をさせていただき、ありがとうございました。
今回の正式参拝は宮司様のお話しもとてもありがたく、忘れられない経験となりました。

小桜姫がお住まいになっていたであろう三浦城が、「油壺マリンパーク」にあったとは驚きました。

ランチビュッフェで満腹になり、海岸で浄化され、とても有意義な一日となりました。

ありがとうございました。

ところで、チョコのお返しをいただくことになってしまい、かえって申し訳ありませんでした。

今ごろ?ではありますが、栃木の麻収穫ツアーの際、
集合時間に遅れてしまった私を宇都宮駅から
野州麻紙工房さんまで車で連れて行っていただいたことと、
昨年、誕生日プレゼントとして干し芋ときなこをいただいた
お礼をしていなかったことがずっと引っかかっていたので、
今回チョコという形になったのですが・・・

そして、榎本さんへのバースデープレゼントですが、
過剰包装すぎて呆れられたと思います。(笑)
私の感謝の気持ちですので、ご笑納くださいませ。

今後ともよろしくお願い申し上げます。

近々親を連れて行くことになりそうです。【千葉県 Wさん】

おはようございます。
昨日はお世話になりました。
海軍のお話でびっくりしたこと、、
実はうちに帰って父に走水神社行ってきたこと話しして見ました。
(うちの父はどちらかと言うと死後の世界なんぞ信じない例のタイプ)
きっと若一さん(祖父)参拝したであろう神社参拝してきたよ。
呼ばれたのかなと、、、、
走水神社ってなんか聞いたことあるな、、、と黙って聞いておりました。

しばらくして、、、、
父が「あっ思い出した。それって弟橘姫だろ」
Σ(・□・;)
なんで知ってんの?

いやー、、、なんかあったなと思って、、、
そんな神話が、、、あーやっと思い出した。と満足気

調子に乗って私も神社で頂いたハイキングコースや由来説明の紙を見せると。

あー、てんてるだいじん(天照大神)
だいわぶそん(大和武尊)と呼ぶ奴がいるんだよなーと若干ディスりつつ
行って見たそうな気配満々

母もそういうとこ行きたいな、、、
こんな天気なら気持ちよかっただろうねと、、、

父は昭和の頑固ジジー行きたいとは言えずに、、、
俺はいつでもいけるぞと意気込み

近々親を連れて行くことになりそうです。

ありがとうございました。そんなご報告まで!

多くの学びとご縁をいただいて感謝しております。【茨城県 Sさん】

先日の走水神社&小桜姫神社ツアーも世話になりました。
癒されて・・浄化されて・・多くの学びとご縁をいただいて感謝しております。
またバスの中では素敵なサプライズをありがとうございました。
チョコレートケーキも御馳走様でした。嬉しかったです。

あれから走水神社の宮司さんのお話を思い出しては考えています。
ちいろばさんのNLにもありました「平和のために祈る」。
そうだそれが大事だった思いました。
私の実年齢と精神年齢にギャップを感じたところです(笑)

ちいろば企画さんのツアー内容はもちろんですが、
その時に出会った参加者の方とお話をしていると
本当にいい刺激を受けます。
これからもどうぞよろしくお願い致します。

 

会員登録|ちいろば旅倶楽部
ちいろば旅倶楽部では日常から離れ旅先で自らを内観し新たに歩き出すきっかけとなるパワースポットツアー・スピリチュアル旅行を企画・提供しています。
今、ちいろば旅倶楽部へ登録(無料)した方には、無料eBook『聖地旅の心得』をプレゼントしています。
これは弊社が10年以上行ってきたツアー経験とスピリチュアルな視点から神社やパワースポット等の聖地へ訪れる際に必要となる心得をまとめたものです。
ぜひ、あなたの聖地旅の参考にして下さい。

おすすめ記事

1

目次1 ご縁を求めて出雲大社へ2 出雲大社への旅行・観光に最適なのは、個人旅行かツアー参加か3 出雲大社を訪れるおすすめの時期4 出雲大社ツアー参加のメリット・デメリット(まとめ)4.1 出雲大社ツア ...

2

目次1 熊野古道への旅2 熊野信仰に思いを馳せ歩く巡礼の旅へ3 熊野古道ツアーの分類4 巡礼の旅・少人数限定ツアーがおすすめ5 ちいろば旅倶楽部の熊野ツアー紹介動画6 今、おすすめの熊野古道ツアー<熊 ...

3

目次1 伊勢神宮への旅2 お伊勢参り 目的による旅行形態の違い3 伊勢神宮ツアーの分類4 ガイド付き・少人数限定ツアーがおすすめ5 おすすめの伊勢神宮ツアー<こだわりのテーマ旅>6 ツアーに参加された ...

4

  目次1 東国三社を巡る旅2 東国三社ツアーの分類3 伝説の古社を巡る旅へ4 鹿島神宮での正式参拝と早朝清掃5 今おすすめの東国三社ツアー6 東国三社ツアーに参加された方々の感動メッセージ ...

5

目次1 富士山麓のパワースポットをめぐる旅2 富士山信仰を学ぶ3 富士山パワースポットツアーの分類4 少人数で行く巡礼の旅がおすすめ5 おすすめの富士山麓スピリチュアルツアー6 富士山麓大巡礼ツアーに ...

-みんなの聖地巡礼ストーリー, 三浦半島
-, ,

Copyright© スピリチュアル旅行の道標 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.